院長から一言を、掲載順に(現在から過去に、1年分)並べてあります。

 

2021年

9月

29日

医学の歴史を訪ねて 第12回 ヴェネツィア編 その7

令和3年10月1日

 

サンタ・マリア・デッラ・サルーテ教会

 

 大運河の河口近くにある、丸い大きなドーム(クーポラ)を持つ教会です。

17世紀、ヴェネツィアでペストが猛威をふるい、わずか2年で人口の3分の1が亡くなりました。

その後、感染が鎮(しず)まったことを聖母マリアに感謝して、ヴェネツィア政府がロンゲーナに教会の設計を命じました。

彼は、50年かけて建築を完成させました。

 真っ白な大理石が八角形を描き、その上に大きなクーポラが載(の)り、太陽と運河の水に照らし出されて輝く姿は、この街の象徴です。

ヴェネチアン・バロック建築の傑作です。

 現地では、「サルーテ(Salute)」と一言で呼ばれています。

Salute (救助、救済)の語源はラテン語のsalvare (サルヴァーレ、「救う」)です。

salvareから、英語のsalvage(海難救助、救命)salvation (救い、救済、救助)salvo (賛辞、慰め)salute(挨拶、敬礼、乾杯)などが派生しました。

 中米にあるエル・サルバドルEl Salvador(救世主)という国名、その首都のサン・サルバドルSan Salvador (聖なる救世主)、サルビアsalvia(人を救う花)なども、salvareから派生した言葉です。

 Elはヘブライ語で「神」「力」「強さ」を意味する言葉で、ユダヤ教の神ヤハウェYahweh(日本語ではエホバ)と同じです。

従って、エル・サルバドルEl Salvadorとは救い主、すなわち救世主イエス・キリストを指しています。

 聖書に登場する人物には、インマヌエルImmanuel(エマヌエル)、エリザべトElisabeth(エリザベス)、エリヤElijah(エリー)、ミカエルMichael(マイケル、ミッシェル)、サムエルSamuel(サム)、ダニエルDaniel(ダン、ダニー)、ガブリエルGabrielなど、El--elを持つ名前が多いのです。

  また、Elは、ギリシャ神話の太陽神ヘリオスHeliosと同じと考えられています。

イエスが十字架にかけられ息絶えた時に、日食が起きたと伝えられているのも、イエスが太陽神に繋がる存在であることを示しています。

  乾杯をする時、スペインではサルSalud、イタリアではサルーテSalute、ポルトガルではサウージSaude、フランスではサンテSante、ドイツではプローストProst、アメリカではチアーズCheersと叫びます。

これらには、みんな「健康を祈って」という意味が込められています。

イタリアでは、誰かがクシャミをすると、周りの人が「サルーテ」と言うのがエチケットだそうです。

 ところで、イタリアやフランスでは、サルーテSaluteやサンテSanteより、もっと砕(くだ)けた乾杯のかけ声があります。

「チンチン」です。

イタリアではCin-cin、フランスではTchin-tchinと表記されます。

これは中国語の「請請(ちんちん)(さあ、どうぞ)」をイタリア人が「乾杯!」と勘違いして、母国に伝えたのが始まりだそうです。

「チンチン」の発音が当時のヨーロッパ人には、グラスが触れ合う時の「カチン」という音を連想させたのが、広まった原因だと言われています。

私も今度の飲み会では、ご婦人方と声を合わせて「チンチ~ン!」と叫びます。

 

                                                              次号に続く

 

2021年

8月

29日

医学の歴史を訪ねて 第11回 ヴェネツィア編 その6

令和3年9月1日

 

ドゥカーレ宮殿のアトラス像

 

 ドゥカーレ宮殿にはアトラス像があります。

 ギリシャ神話では、「天」の神ウラノスと、「大地」の神ガイアとの間に生まれた神々と、その子孫をタイタンTitanと呼びます。

タイタン一族は、どの神も皆、怪力で巨大です。

  英語の"titanic"(タイタニック)という形容詞は「巨大な」という意味です。

"titanic"は元々、"Titanic"(ギリシャ神話のタイタンのように怪力で巨大な)という単語なのです。

 20世紀始め、大西洋に沈んだイギリスの豪華客船「タイタニック号(Titanic)」の名も、当時世界最大だったことに由来しています。

元素のチタン(titaniumチタニウム)は、非常に優れた強靭さと耐久性を併せ持つため、こう名付けられました。

 ギリシャ神話では、タイタンの一人がアトラスで、やはり怪力で巨大な神です。

タイタン一族はオリンポスの神々と戦って、敗れました。

オリンポスの神々の頂点に君臨するのが全能の神ゼウスであり、タイタン一族の中で最後までゼウスに抗(あらが)ったのがアトラスだったのです。

戦いに敗れたアトラスはゼウスの命令により、世界の西の果てで、天空(天球)を担(かつ)ぐ役を課せられました。

 人体の第1頚椎(一番上の頚の骨、頭蓋骨の直下の骨)は、丸い輪(わ)っかのような形状なので「環椎」と呼びます。

環椎の別名が「アトラス」です。

この骨が真下から頭蓋骨を支える様子を、アトラスが天球を支える姿になぞらえているのです。

  ギリシャ神話では、勇者ペルセウスが怪物メドゥーサを退治しました。

怪物メドゥーサは、睨(にら)みつけた相手を石に変えてしまう魔力を持っていました。

ペルセウスは切り落としたメドゥーサの首を持ち、アトラスを睨みつけさせました。

アトラスは大きな石の塊(かたまり)となり、天空を担ぐ役から解放されました。

こうして、アトラスは山に姿を変えました。

この神話に基づき、北アフリカの山脈が「アトラス山脈」と名付けられたのです。

 また、アトラスAtlasが西の果てで天空を担がされた故事(こじ)から、大西洋がAtlantic Ocean(アトランティック・オーシャン)と呼ばれるようになりました。

 さらに、地図帳をアトラスと呼ぶのは、16世紀にメルカトルが地図帳の表紙に、ギリシャ神話のアトラスを描いた事に由来します。

図表や図譜を集めた本もアトラスと言いますが、これらも一種の「地図帳」だからです。

 ギリシャ神話のアトラスが天空を担いだことから、ヨーロッパでは、組織や家庭で重荷を担(にな)う人、すなわち大黒柱となる人をアトラスと呼ぶそうです。

我々も、人からアトラスと言われるような大物になりたいものです。

 

                                                                       次号に続く   

 

2021年

7月

31日

医学の歴史を訪ねて 第10回 ヴェネツィア編 その5

令和3年8月1日

 

ドゥカーレ宮殿の聖クリストフォーロ

 

 医学関連の美術として見落とせないのが、ティツィアーノのフレスコ画「増水した河を渡る聖クリストフォーロ(Cristoforo) 」です。

宮殿のベランダへ上る階段の背面壁にあり、私は宮殿のスタッフに頼んで特別に見せてもらいました。

 英語名のクリストファーChristopherは、ギリシャ語のChristos(キリスト)と、pherein(運ぶ、捧げる)から派生したphoros(俸げ物)とから成る、クリストフォロスChristophorosが語源です。

テテン語ではクリストフォルスChristophorusです。

その原義は「キリストに捧げられた者」です。

 伝説では「聖クリストフォルス」は「キリストを運ぶ者」として知られており、救難聖人として有名です。

救難聖人とは、危急の際に、その名を呼ぶと神に救いをとりなしてくれると信じられている聖人達です。

中世の人々は、聖クリストフォルスの姿を一瞬でも頭に描いたり、聖クリストフォルスの名前を口にすると、死から逃れられると信じていたのです。

ぺストのような感染症が頻繁に流行した時代では、特にありがたい聖人として崇拝されたことが容易に想像できます。

 聖クリストフォルスは、伝説によると、ヨルダン川の西域に住んでいた「レプロブス」という名の庶民でした。

巨体と、いかつい顔の持ち主でした。

「レプロブス」は、ラテン語reprobus(下賎な)が固有名詞化したものです。

 クリストフォルスの名を口にすれば感染症による死から逃れられるという信仰は、ギリシア神話で医療の神とされたアスクレピオスの影響と考えられます。

クリストフォルスが持つ杖はアスクレピオスの杖に通じます。

 伝説によると、聖クリストフォルスは、ある暴風雨の夜、幼い男の子を肩に乗せて川を渡りました。

その子はだんだん重くなりましたが、クリストフォルスは水をかぶりながら、やっとのことで、渡りおおせました。

すると、その男の子は「自分はキリストである。自分の重さは全世界の罪の重さであり、水をかぶった事は洗礼を意味する」と語りました。

 以後、クリストフォルスは熱心なキリスト教徒となり、貧しい者や弱い者を背負って川を渡りました。

また、迫害されるキリスト教徒のために祈り、奇跡を行い、一生のうちに48千人もの人々を改宗させました。

 最後は、キリスト教を迫害するローマ皇帝デキウスにより処刑されました(3世紀)

彼は、真っ赤に焼けた兜(かぶと)を頭にかぶせられ、鉄の台に縛られ、下から火を付けられました。

鉄の台は蝋のように溶けましたが、彼は火傷(やけど)もせずに立ち上がったため、首をはねられたそうです。

 自らの信仰のために死ぬ事を殉教(じゅんきょう)といいます。

クリストフォルスも殉教した聖人の一人です。

 

 

                                                              次号に続く

2021年

6月

27日

医学の歴史を訪ねて 第9回 ヴェネツィア編 その4

令和3年7月1日

 

ドゥカーレ宮殿 Palazzo Ducale

 

 ヴェネチア共和国総督(ドージェ)の政庁(合同庁舎)として9世紀に建てられました。その後、何度か火災に遭(あ)い、現在の建物は15世紀の物です。

ヴェネチア・ゴシック様式の巨大建築です。

ヴェネチア共和国の図抜けた富と権力を象徴しています。

ちなみに、ゴシック時代とは12世紀後半から15世紀を指し、この時代の建築は、伸びやかで装飾が多いのが特徴です。

 ビザンチン風の豪華なアーチが続く柱廊(ちゅうろう)や、繊細な飾りの施(ほどこ)された小尖塔(しょうせんとう)、壁面に菱形(ひしがた)を描くピンクと白の大理石など、異国情緒にあふれた外観です。

 内部はいくつもの評議員の部屋、大会議室などがあり、ティントレット、ヴェロネーゼなどのすばらしい絵画が飾られています。

言わば、巨大な美術館です。

 どの部屋でも、金箔(きんぱく)を施した化粧漆喰(しっくい)と華麗な絵画が、ヴェネツィア共和国の富を象徴しています。

その代表が、「元老院の間(ま)」の天井に描かれたティントレットの「ヴェネツィア称揚(しょうよう)」や、「謁見(えっけん)の間」の天井のヴェロネーゼによる11枚の板絵です。

 

  総督(ドージェ)のDogeとは、イタリア語で国家元首を指す言葉の一つで、ヴェネツィアをはじめ、ジェノヴァ、ピサなど海洋共和国の元首がドージェと呼ばれます。

 doge(ドージェ)の語源はラテン語dux(ドゥクス) で、イタリア語ducaドゥカ(公爵)や英語 dukeデューク(公爵)もこれから派生しています。

Palazzoは英語ではPalace(宮殿)ですから、Palazzo Ducaleとは「公爵の宮殿」という意味です。

公爵はヴェネツィア以外にも大勢いますから、ドゥカーレ宮殿と呼ばれる館もヴェネツィアだけでなくヨーロッパ各地にあります。

  ヴェネツィア共和国のドージェは、ドージェだけが着用を許されたコルノ・ドゥカーレ(Corno ducale「公爵の角(つの)」)と呼ばれる、後部に角(つの)状の突起が付いた独特の帽子を被(かぶ)っていました。

 corno(コルノ)とは「角(つの)」を意味するイタリア語で、ラテン語や英語ではcornu(コルヌ)です。

解剖学でも、突き出た形状の部分をcornuと呼び、子宮・仙骨・尾骨・甲状軟骨・脊髄・大脳半球側脳室など体中にcornu(角(かく))と呼ばれる部分があります(子宮角(しきゅうかく)、仙骨角(せんこつかく)、等々)。

 ギリシャ神話を知るヨーロッパ人には、cornucorno(角(つの))という言葉が、ゼウス(全能の神)が赤ん坊の時に乳を与えたというヤギの角(つの)を連想させました。

そのため、角(つの)は豊饒・力・勇気を象徴し、欲しい物を何でも与えてくれる御利益(ごりやく)があると考えられていました。

つまり、「公爵の角(つの)」はドージェの富や権力を見せつける小道具として使われた訳です。

 また、英語のdukeデューク(公爵)が複数形 dukesデュークスになると、拳(こぶし)やゲンコツを意味するそうです。

昔も今も、偉い人は拳を振り上げて演説するからでしょうね。

 

                               次号に続く

2021年

5月

30日

医学の歴史を訪ねて 第8回 ヴェネツィア編 その3

令和3年6月1日

 

大運河

(Canal Grandeカナル・グランデ、英語ではGrand Canalグランド・カナル)

 

 サンタ・ルチア駅からサン・マルコ広場まで全長3,800mの、"S"の字を左右反転した形に蛇行する運河です。

「世界で最も美しい道」とも讃(たた)えられる水路です。

 運河沿いには、1318世紀に建てられた貴族たちの豪華な館(やかた)が建ち並びます。

当時、パドヴァ大学にいたガリレオ・ガリレイが議論した友人サグレードの館も、その一つです。

ガリレオ・ガリレイはこの議論を元に、17世紀に「天文対話」(プトレマイオスとコペルニクスの宇宙体系についての話)を著(あらわ)しました。

 

 Canal Grandecanalは、ラテン語のcanna、ギリシャ語のkannaで、「葦(あし)」や「よし」を表します。

これらの茎(くき)管(くだ)になっていて、水を通すチューブや笛(ふえ)などとして使われ、各国で色々な意味の言葉になりました。

 英語では、canal(管、運河)、canyon (峡谷)Grand Canyon(グランドキャニオン、大峡谷)cannon (大砲)、音楽のcanon(カノン、追復(ついふく)曲)、channelなどです。

 音楽のcanon(カノン)とcanna(葦)は、どう結びつくのでしょうか?

古代ギリシャでは、葦cannaが長さを測る棹(さお)として用いられました。

計量した結果は正確であるため、戒律、規則、法律、標準、厳密、経典(きょうてん)などを意味するcanonという言葉が生まれました。

そして、音楽においても、先行句を厳密に模倣(もほう)しながら組み立てられる追復曲をcanon(カノン)と呼ぶようになったのです。

 カメラ・コピー機メーカーのCanon(キヤノン)も同様です。

「標準」「厳密」という意味のcanonが正確第一の精密工業の名にふさわしく、しかも会社創立時に盛業を願った「観音(かんのん)」様に発音が似ている事から、この名称になったのだそうです。

 医学用語でも、inguinal canal (鼡径管)alimentary canal (消化管)recanalization (再開通)などと使われます。

  南米の楽器(縦笛(たてぶえ))ケーナ(quena)も昔はcanna(葦)から作られたから、こう呼ばれるのだそうです。

現在は、竹や木から作られます。

 ドイツ語でも、細長い管をカニューレと言います。

鼻から胃に入れる管や、点滴や人工呼吸に用いる管は、どれもカニューレと呼びます。

 南フランスのカンヌ(Cannes)は、昔は葦が一面に生い茂る沼地だったから、この名になったのだそうです。

今では、毎年カンヌ国際映画祭が開催される保養地として、世界的に有名ですね。

 

                               次号に続く

 

2021年

4月

29日

医学の歴史を訪ねて 第7回 ヴェネツィア編 その2

令和3年5月1日

 

ヴェネツィアの歴史

 

 5世紀頃、ヴェネト族がフン族、ゴート族などの外敵侵入から逃れて、海の干潟(ひがた、ラグーナ)に避難し、街を作りました。

つまり、ヴェネツィアはイタリアの多くの都市と異なり、古代ローマ帝国時代の地方都市として始まったのではなく、何もない海に、土地その物をゼロから作り上げたのです。

 まず、干潟の軟弱な地盤に、何千・何万もの木の杭(くい)を打ち込みました。

水に浸(つ)かって空気に触れない木は、長い年月を経(へ)て、真っ黒なコンクリートの柱のようになりました。

その上に石、さらにレンガを敷(し)き詰め、家を建てる土台を作りました。

 浅いラグーナに、船が通れる航路(運河)も作りました。

自動車が走れる道路はありません。

ヴェネツィアの交通手段は船だけです。

 ヴェネツィア人は、自然の威力の前で、協力して、ラグーナにある土地を守らなければなりませんでした。

7世紀末に最初のドージェ(総督)が選出されて以来、ヴェネツィアではずっと市民による共和制が守られました。

独裁君主が現れることも、派閥に別れて権力闘争をすることもありませんでした。

 

 そして、海の上の街ゆえに、最初から、海上貿易に有利でした。

地中海をたどって、ギリシャの各都市や、当時の政治経済の中心、コンスタンチノープル(東ローマ帝国(ビザンツ帝国)の首都、現在のイスタンブール)と交易する事ができたのです。

ヴェネツィアの繁栄の始まりです。

 11世紀、第1回十字軍が聖地エルサレムをイスラム教徒から奪回するため、出発しました。

これは、ヴェネツィアの商人にとっては大きなビジネスチャンスでした。

十字軍戦士を船で東方へ運ぶことを請(う)負(お)い、東方貿易の商権を手に入れたのです。

ヴェネツィアなど北イタリア諸都市は、ライバルのビザンツ商人に替わって、東地中海に商圏を拡大し、香辛料(こうしんりょう)の貿易で巨万の富を得ました。

 

 一方、14世紀にヨーロッパを襲ったペスト(黒死病)は全ヨーロッパの3分の1(3,500万人)の命を奪いました。

そして、「疫病(えきびょう)元凶(がんきょう)はユダヤ人だ」という風評が流布(るふ)し、ユダヤ人の大量虐殺や追放が各地で行われました。

何万人ものユダヤ人がイタリアに渡り、ヴェネツィアにもユダヤ人が増加しました。

 当時、様々な職種から締(し)め出されていたユダヤ人(ユダヤ教徒)の多くは、金貸し業を営みました。

キリスト教徒は、「利子を取るのは神の教えに反する」という理由で、金貸し業が禁止されていたからです。

貿易によってお金が動く都市ヴェネツィアでは、ユダヤ人は大(おお)儲(もう)けしました。

 シェイクスピアの「ベニスの商人」は16世紀末の戯曲(ぎきょく)で、ユダヤ人同士のお金の貸し借りの話です。

ヴェネツィアでユダヤ人の多くが金融業に就(つ)いていたのを知っていたから、シェイクスピアはこんな話を書いたのでしょう。

 

 ヴェネツィア共和国の繁栄は、18世紀末、ナポレオンに征服されるまで、1,100年余りも続きました。

当然、イタリアを占領したナポレオンは、イタリアでは悪評です。

しかし、ナポレオンのお蔭でコムーネの時代に終焉(しゅうえん)がもたらされ、後にイタリアが統一国家になれたのだ、とも言えるのです。

 

                                              次号に続く

 

2021年

3月

30日

医学の歴史を訪ねて 第6回 ヴェネツィア編 その1

令和3年4月1日

 

ヴェネツィアVeneziaの地名

 5世紀頃、この地に移り住んだ「ヴェネトVenet(沼の居住者)族の街」という意味です。

 ヴェネト州の州都で、中世にはヴェネツィア共和国の首都として栄えた都市です。

英語ではVenice(ヴェニス、ベニス)と呼ばれます。

 人口約26万人(茅ヶ崎市と同じくらい)の自治都市です。

自治都市とは、市民自身が市政を運用する都市で、「コムーネcomune」と呼ばれます。

 イタリアの自治体には、日本のような行政上の都、道、府、県、市、町、村の区別はありません。

人口100万人を超えるナポリのような都市も、バローロのような1,000人以下の村もすべて「コムーネ」です。

 しかし、日本語に訳す際には「ナポリ市」や「バローロ村」のように、便宜的に日本の自治体の規模に合わせて呼ぶのが通例です。

この点は、フランスのコミューン(コミュヌ)と同様です。

 

 イタリアのコムーネは、共同体を表す英語のコミューンcommuneと同様、ラテン語のコミュニスcommunisが語源です。

英語のcommon(共通の)community(共同体、地域社会)、communication(伝達、情報、通信)、communism(共産主義)などは、communisからの派生語です。

 

 現地を訪ねるまで、私のヴェネツィアに関する知識は、シェイクスピアの「ベニスの商人」、ゴンドラが行き交(か)う「水の都」、美しい「ヴェネツィアン・グラス」、美味(おい)しいイカ墨(すみ)スパゲッティ、度々(たびたび)水没する「サン・マルコ広場」ぐらいの物でした。

                               

                               次号に続く

 

2021年

2月

28日

医学の歴史を訪ねて 第5回 ミラノ編 その5

スフォルツァ城のメドゥーサ像

 スフォルツァ城はルネッサンス期最大の宮殿です。

15世紀、かつての領主ヴィスコンティ家の城跡(しろあと)に、フランチェスコ・スフォルツァ公爵(こうしゃく)が築きました。

 レオナルド・ダ・ヴィンチも建築に加わりました。

18世紀のナポレオン来襲までの間に、強固な城塞(じょうさい)となりました。

真正面がフィラレーテ門と呼ばれ、緑の中庭は昔の練兵場(れんぺいじょう)です。

内部には豪華なフレスコ画で飾られた部屋が続きます。

 その一画に、怪物「メドゥーサ」の浮き彫りがあります。

メドゥーサは、ギリシア神話に登場する怪物ゴルゴンの3姉妹の一人です。

生来(せいらい)、美しい女性だったメドゥーサが、海神(かいじん)ポセイドンと交わったのがことの発端です。

戦いの女神アテナがこれに嫉妬(しっと)し、メドゥーサを醜(みにく)い怪物に変えてしまいました。

美しい髪の毛の一本一本は毒蛇の姿となり、ニョロニョロと動いていました。

イノシシの歯、青銅の手に変えられ、翼(つばさ)まで生(は)やされました。

おまけに、目はギラギラと輝き、見た者を石に変えてしまう魔力を持っていました。

 

 肝硬変などの門脈圧(もんみゃくあつ)亢進症では、門脈を流れるべき血液が臍帯(さいたい)静脈(じょうみゃく)に流れ込み、下大静脈に向かいます。

これを側副(そくふく)血行路(けっこうろ)と呼び、ここを流れる血液量が多くなると、腹壁(ふくへき)皮下(ひか)静脈放射状(ほうしゃじょう)怒脹(どちょう)します。

この様子が、のたうつ蛇のように見えるため、「メドゥーサの頭」と呼ばれます。

 内科診断学の教科書に載(の)っており、医師国家試験にも頻繁(ひんぱん)に出題されます。

2021年

1月

31日

医学の歴史を訪ねて 第4回 ミラノ編 その4

令和3年2月1日

 

スカラ広場のレオナルド・ダ・ヴィンチ像

  オペラの殿堂「スカラ座」の前の広場に、レオナルド・ダ・ヴィンチと4人の弟子達の像が立っています。

 レオナルド・ダ・ヴィンチは1452年、中部イタリアのヴィンチ村に生まれました。

私(片桐 一)が1956年生まれですから、私より約500年先輩です。

レオナルド・ダ・ヴィンチという名は「ヴィンチ村出身のレオナルド」という意味です。

彼を「ダ・ヴィンチ」と呼ぶ人は多く、手術用のロボットにまで「ダ・ヴィンチ」という名が付けられているほどです。

そうそう、「ダ・ヴィンチ・コード」という映画もありましたね。

 しかし、「ダ・ヴィンチ」は「ヴィンチ村の」という意味であり、人の名前としては変です。

実際、彼自身は自分の作品に、「ダ・ヴィンチ」ではなく、「レオナルド」と署名していました。

 レオナルドは絵画、彫刻、建築、天文学、音楽、数学、物理学、地学、植物学など様々な分野に顕著な業績を残しました。

人類史上、最も多才な人物であり、「万能人 」と呼ばれる所以(ゆえん)です。

 その中でも、彼が最も賞賛されているのは、画家としてです。

彼は、ミケランジェロと共に、ルネッサンスを代表する芸術家です。

「神の手を持つ」画家とも呼ばれます。

「最後の晩餐」や「モナリザ」を知らない人はいません。

 しかし、忘れてならないのは、彼が偉大な解剖学者でもあったということです。

 十字軍以来、キリスト教の聖人の遺体を崇拝する風潮が高まりました。

人々は聖人の遺体をバラバラにして、聖遺物として持ち帰ろうとしました。

当然、教会はこれを禁じ、聖人以外の一般人の遺体も解剖する事を禁止しました。

当時、人体を研究したい者にとって、解剖は命がけの冒険だったのです。

 そんな風潮の中、絵画・彫刻の勉強に解剖学が不可欠と考えたのは、レオナルドが最初でした。

彼は、生涯を通じ、32体の解剖を自ら行いました。

近代解剖学の始祖です。

 一例を挙げれば、彼は眼球を調べ、光と眼鏡の原理を解明しました。

また、幾人もの妊婦の死体を解剖し、妊娠の原理と胎児の成長過程を究明しました。

そもそも、27歳の時に、裁判所の壁に吊るされて死んだ囚人をスケッチして人々を驚かせた件も、人体への好奇心の一端を示しています。

 レオナルドは頑固で、好き嫌いの激しい、孤独な人でもありました。

彼がミケランジェロと同様、同性愛者だったことも広く知られています。

 当然、彼の弟子達は全員男性です。

同世代の天才画家ラファエロが女性専門だったのとは好対照です。

(ちなみに、私も女性専門です。)

 

 精神分析で有名なフロイトは、「レオナルドが生後間もなく母親と別れたのが同性愛の遠因だ」と分析しています。

2020年

12月

31日

医学の歴史を訪ねて 第3回 ミラノ編 その3

令和3年1月1日

 

 明けましておめでとうございます。

今年もよろしくお願いします。

 

ロトンダ・デッラ・ベザーナ

 円形の墓地です。

前号で紹介したマッジョーレ病院で亡くなった人々を埋葬するため、18世紀前半に造られました。

レンガ造りの建物が、中央にあるサン・ミケーレ教会をぐるりと円形に取り囲んでいます。

 「ロトンダ」というのは「円形の建造物」という意味です。

円形の建物の地下が納骨堂です。

建造後、約半世紀で、15万人もの人がここに埋葬されたそうです。
 その後、一時、軍隊の手に渡りましたが、19世紀後半から再び病院の所有地となり、感染症患者の隔離棟や洗濯場として使われました。
1940年にはミラノ市のものとなり、修復されました。

今では、緑や花々が美しい、憩いの場となっています。

 

アメリカ赤十字病院

 大聖堂から徒歩10分にあり、現在は銀行です。

文豪アーネスト・ヘミングウェイは、第一次世界大戦下、18才でイタリア軍傷病兵輸送部隊に志願しました。

そして、砲撃で重症を負い、この病院に収容されました。

ここで知り合った7才年上の看護婦と恋に落ちましたが、振られてしまいました。

この経験を元に彼が書いた小説が「武器よさらば」です。

 建物の右端にERNEST HEMINGWAYの名前が刻まれたプレートが打ち付けられています。 

  ところで、病院の近くに、「ヴィットリオ・エマヌエーレ2世のガレリア」という巨大なアーケード街があります。

プラダなどのブランド店が並ぶ、ファッションの中心街です。

このアーケード街に「カフェ・ビッフィ」という店があります。

ここで、ヘミングウェイは看護婦と楽しい食事をしたそうです。

 

2020年

11月

29日

医学の歴史を訪ねて 第2回 ミラノ編 その2

令和2年12月1日

 

旧マッジョーレ病院

 昔から人口密度が高かったミラノには、疫病(えきびょう)が頻繁に蔓延しました。

ミラノの要塞(ようさい)内部には、多数の小病院や、聖職者達が開いた介護所が点在していました。 

15世紀半ば、フランチェスコ・スフォルツァ公爵(こうしゃく)夫妻はこれらの医療施設を一つの大施設にまとめるために、マッジョーレ病院建設に取り掛かりました。

  フランチェスコ・スフォルツァは15世紀前半、子孫が絶えたヴィスコンティ家に替わって公爵位を継承した人物です。

すなわち、スフォルツァ家最初のミラノ公です。

 スフォルツァ城を設計した建築家アントニオ・アヴェルリーノがこのマッジョーレ病院も設計しました。

200年間という長期間に亘(わた)り建設が続けられ、ひとまず完成したのが17世紀です。

建設が長期に亘ったため、建築様式もゴシックからルネッサンスへ移行しました。

 病院設立の目的は、貧困と病に苦しむ人々の救済でした。

ベッドサイドには折りたたみ式のテーブルをしつらえた作りつけの戸棚が設置されました。トイレ、浴室などの設備も、当時の病院のモデルとなるほど近代的でした。

 その後、19世紀にかけて、ミラノ市民の寄付によって施設の拡張が行われましたが、いずれも一流の建築デザイナーにより設計されました。

その荘厳(そうごん)さから、「カ・グランダ」(偉大なる館(やかた))と呼ばれています。

  まず、ゴシック・ルネサンス風テラコッタで飾られた長い外壁が見ものです。

そして、美しい柱廊(ちゅうろう)(赤煉瓦(れんが)がアーチを描く回廊(かいろう))に囲まれて、17世紀に造られた素晴らしい庭園があり、「樹木(じゅもく)中庭(なかにわ)」と称されています。

  時代の最先端を映していた病院建物が、第二次世界大戦中(1943年)に空爆により大破したため、戦争終結時にミラノ大学に譲られました。

大戦終了後、見事に修復された建物は1958年からミラノ大学の校舎となりました。

 マッジョーレ病院はミラノ市内2カ所で新たに病院施設を作り、現在に至っています。

病院設立時のキリスト教の理念は、現在でも伝統として受け継がれています。

医学生、研修医、臨床医の教育機関としても位置付けられており、イタリアの医師の多くは、マッジョーレ病院でトレーニングを受けた経歴を持つそうです。

2020年

10月

31日

医学の歴史を訪ねて 第1回 ミラノ編 その1

令和2年11月1日

 

 私達が日頃お世話になっている西洋医学は、古代ギリシアに生まれ、イタリアへと伝わり、中世以降、ヨーロッパ中に広まった知識と技術の体系です。

 イタリアは、古代から中世にかけて、世界の医学の中心地であり続けた地域です。

古代ギリシア時代からの医学を受け継ぎ、近代への橋渡しをしたのがイタリア医学です。

  医学も社会における一つの文化現象です。

決して医学という世界の中だけで発展してきたものではありません。

他の社会事象、例えば文化や宗教に影響を与え、逆に、それらから大きな影響を受けつつ、変化し発展してきたのです。

 具体的に言うと、ギリシア神話・ローマ神話、キリスト教、医学は深く絡(から)み合って変遷(へんせん)、進化し、世界史を形成してきました。

私の医師としての後半生(こうはんせい)の目標は、ギリシア神話・ローマ神話、キリスト教と関連し合った医学の歴史を学ぶ事です。

 大学受験のために高校時代に暗記した世界史は、ごく表面的な物に過ぎませんでした。

還暦をとうに過ぎ、これからは、40年もの間生業(なりわい)にしてきた医学を通して、2,000年に亘(わた)る人間の営みを辿(たど)ってみたいと思います。

その取っかかりとして、イタリアを訪ねました。

 

ラザレット(隔離病舎)

 中世、ミラノでも大勢(おおぜい)がペストで死にました。

そこで、ラザッロ・パラッツィの指揮のもと、60年以上かけて、ペスト患者を収容・隔離する施設が造られました。

完成は16世紀始めです。

 21世紀の現代に生きる我々は、新型コロナウィルスに翻弄(ほんろう)され、過剰反応が経済を萎縮させています。

その100年以上前の19世紀末に、フランスのイェルサンと日本の北里柴三郎がペスト菌を発見しました。

さらに、その400年も前、まだウィルスはおろか、細菌感染症の概念もなかった時代の人が「隔離病棟が必要だ」と考えたとは驚きです。

 場所は大聖堂とミラノ中央駅の中間辺(あた)り、350m四方の一画です。

中庭を囲む3辺に病舎が建てられ、合計288室の病室がありました。

19世紀に解体されましたが、現在も病舎が残っています。

中央には、重症患者がベッドに寝たままでも拝(おが)めるように、教会まで建てられました。

 ラザレットという呼び名は新約聖書に登場するラザロという人物の名に由来します。

実は、新約聖書に登場するラザロは2人います。

一人目は重症の皮膚病に冒(おか)され、イエスによって奇跡的に清められた男です。

二人目は、死んで墓に埋葬された後、イエスによって蘇(よみが)えった男で、「ラザロ徴候(ちょうこう)」(脳死者が自発的に手や足を動かす動作)の語源ともなっています。

 ラザレットという呼び名の由来がどちらのラザロかは諸説ありますが、どちらにせよ、聖書のラザロに基づくのは間違いないようです。

今日でも、ラザロは聖ラザロと呼ばれ、ハンセン病患者や葬儀会社などの守護聖人として崇(あが)められています。

ラザロという名はヘブライ語の「エルアザルelazar」(「主は助ける」の意)という言葉の短縮形だと考えられています。

2020年

9月

30日

欺瞞(ぎまん)に満ちた「地域包括ケアシステム」 第9回

令和2年10月1日

 

 地域連携型医療法人に営利法人の参加は認められていませんが、関連事業を行う株式会社への出資は認められています。

この出資は「地域包括ケアシステムを推進する」事を前提としてのみ認めるとされています。

結局、「地域包括ケアシステム」を隠れ蓑(みの)にした営利化への手段に過ぎません。

金儲けにならなければ、参入する企業などあろう筈(はず)もないのです。

 経済産業省の「次世代ヘルスケア産業協議会」が20146月に発表した中間とりまとめでは、地域におけるヘルスケア産業を創出し、「地域包括ケアシステムと連携したビジネス」の展開が打ち出され、そのための地域の医療・介護関係者を統合した「地域版次世代ヘルスケア産業協議会」の創設が提起されています。

  「地域連携型医療法人(非営利ホールディングカンパニー型法人)」とは名称こそ違うものの、結局目指す所は、医療・介護・福祉を金儲(もう)けの対象とした「巨大な医療事業体」の立ち上げです。

 その結果、住民を囲い込み、グループ以外の医療機関を排除するなどの暴挙が予想されます。

アメリカ型の巨大病院チェーンが算入する、という地獄のシナリオを心配する医療関係者もいます。

 色々と呼び方を変えてはいますが、政府が「地域包括ケアシステム」の名のもとに、地域を医療・介護・福祉・生活支援の一大市場として拡大する事を目論(もくろ)んでいる事は間違いありません。

 政府が地域における「自助、互助」を強調している事から、高齢者への生活支援を住民活動やボランティア団体に期待していると見る事もできますが、それだけでは生活支援サービスを安定的・継続的に供給する事はできません。

 従って、政府は「地域連携型医療法人(非営利ホールディングカンパニー型法人)」に医療だけではなく、介護(介護保険制度外のサービス提供も含む)、生活支援、居住(サービス付き高齢者住宅など)をすべて提供できる法人・事業体の役割を負わせ、従えようとしているのです。

そして、公的医療・医療保険以外の健康サービス、介護保険制度のサービス、制度外サービス、居住サービスを金儲けの手段として行わせようとしているのです。

 政府の医療市場参入の呼びかけに応じて、すでに、国の「公助」に替わる手段としての「商助」を売り物にする民間企業も現れています。

 国家戦略特区(首都圏と関西圏)が動き出す中、外資系を含む金融会社や保険会社などの営利法人がハゲタカのように医療・介護・福祉分野に参入し始めています。

国の公的医療費抑制政策、医療市場拡大政策をこのまま許していると、金持ちしか良い医療を受けられなくなり、医療格差が拡大するのは確実です。

 「地域包括ケアシステム」などという「ごまかし」の謳(うた)い文句に惑わされる事なく、いつでも、どこでも、誰でも、費用の心配なく安心して医療・介護が受けられる日本を目指さなければなりません。

 

 以上で、9ヶ月間に及んだ欺瞞(ぎまん)に満ちた「地域包括ケアシステム」を終わります。

 

2020年

8月

31日

欺瞞(ぎまん)に満ちた「地域包括ケアシステム」 第8回

令和2年9月1日

 

安倍首相はこの度(たび)退陣を表明しましたが、本稿では引き続き安倍政治に対する論評を続けます。

 

 国は、「受け皿作り」と言いながら、診療報酬では在宅医療の評価を引き下げ、さらに介護給付範囲を縮小し、介護報酬も引き下げるなど、必要なサービスを切り捨てる「改悪」ばかり行っています。

 切り捨てられた需要の受け皿は、「市場での購入」も含めた「自助」で何とかせよ、と突き放しているのです。

また、自治体が音頭(おんど)をとって、住民同士の互助機能の強化あるいは民間サービス(国は「インフォーマルサービス」と呼んでいます)の開発により対応せよ、とも要求しています。

 

 では、「市場での購入」「インフォーマルサービス」とは一体何のことでしょうか?

 

 20154月国会に提出された医療法改正案の柱の一つが、複数の医療法人や社会福祉法人などを統合させた「地域連携型医療法人制度(非営利ホールディングカンパニー型法人制度)」の創設です。

 安倍政権は、医療の成長産業化というお題目を唱え続けています。

医療への営利主義・市場原理主義の本格導入を狙っているのです。

分かり易く言えば、医療をビジネスチャンス拡大の場にしようという訳です。

 具体的には、混合診療の推進や、地域連携型医療法人(非営利ホールディングカンパニー型法人)導入による医療機関経営の再編、医療・介護・生活支援にわたる地域産業を寡占(かせん)的に行う企業の創出などにより、医療・介護・福祉を金(かね)儲(もう)けの場として宣伝し、広く門戸を開放しようとしているのです。

 

 安倍政権が「地域連携型医療法人(非営利ホールディングカンパニー型法人)」などという聞き慣れない言葉をひねり出してきた理由を説明します。

 今後、政府が発した「地域医療構想」の号令のもと、都道府県が病院の機能別に必要なベッド数を制限した場合、多くの病院が希望する急性期病床(診療報酬が高い)から、担(にな)い手が不足すると予想される回復期・慢性期病床(診療報酬が低い)への転換を、どの病院にさせるのかが問題になるからです。

 無理やり診療報酬が低い病床に転換しろと言われても、経営側としては死活問題です。

利害対立が起こり、構想通りの提供体制が構築できない可能性があります。

 ここで、仮に、構想区域内の医療機関の多数を傘下(さんか)に治める巨大法人が設立されれば、連携推進という統一的な方針のもと、機能分化・統廃合し、「地域医療構想」の実現に役立つと考えた訳です。

さらに、傘下に入る法人として、医療法人のみならず、介護事業を展開する法人も想定しており、「川上」から「川下」までを一体的に担うことを企図しています。

                       

                               次号に続く

 

インフルエンザ予防接種の予診票は当院受付にてお配りしている他、本サイトからもダウンロードできます。予め記入後お持ち下さい。

  ただし、「65歳以上の藤沢市民」は、当院にて専用の予診票に記入して頂きますので、ダウンロードは不要です。

お知らせ

10月23日(土)午前10時、インフルエンザワクチンの在庫がなくなりました。

入荷しだい、お知らせします。

10月22日診療終了時点で、インフルエンザワクチンの在庫35人分です。

10月21日朝、インフルエンザワクチン100人分入荷しました。

在庫は105人分です。

10月20日夕方、診療終了時点で、インフルエンザワクチンの在庫は17人分です。

10月18日朝、インフルエンザワクチン138人分入荷しました。

在庫は188人分です。

10月12日朝、インフルエンザワクチン100人分入荷しました。

在庫は約200人分です。

10月1日朝の診療開始時点で、インフルエンザワクチンの在庫は380人分です。

 新型コロナワクチンの予約受付を再開します。3週間おき、計2回の接種をキャンセルしないで必ず受けると約束する方だけに限ります。

接種日は11月1日(月)以降で、定員168人です。接種時間帯は診療時間と同じです。

 月、火、水、金曜日の午後2時から3時の間、当院にて、接種券を持参の上、予約して下さい。電話では予約できません。電話でのお問い合わせはご遠慮下さい(9月9日)。

 

新型コロナワクチンの接種枠が満杯になりました。一旦、予約受付を終了します。再開する際は当欄にてお知らせします(9月1日)。

新型コロナワクチンの予約受付を再開します。3週間おき、計2回の接種をキャンセルしないで必ず受けると約束する方だけに限ります。接種日は以下の2通りに限り、共に定員70人です。例外はありません。

月、火、水、金曜日の午後2時から3時の間、当院に接種券を持参して御予約下さい。電話では予約できません。電話でのお問い合わせはご遠慮下さい(9月1日)。

①9/11(土)②10/2(土)

①9/25(土)②10/16(土)

いずれも、時間は午後2時から5時までです。

新型コロナワクチンの接種枠が満杯になりました。一旦、予約受付を終了します。再開する際は当欄にてお知らせします(令和3年8月27日)。

新型コロナワクチンの予約受付を再開します。3週間おき、計2回の接種をキャンセルしないで必ず受けると約束する方だけに限ります。接種日は以下の11通りに限ります。例外はありません。

月、火、水、金曜日の午後2時から3時の間、当院に接種券を持参して御予約下さい。電話では予約できません。

①9/28②10/19、①9/29②10/20、①9/30②10/21、①10/1②10/22、①10/2②10/23、①10/4②10/25、①10/5②10/26、①10/6②10/27、①10/7②10/28、①10/8②10/29、①10/9②10/30

8月12日(木)から14日(土)までの3日間、夏期休業します。

 

全国的なワクチン不足のため、神奈川県より9月27日以降の予約受付を控えるよう通達がありました。当面の間、9月27日以降の新型コロナワクチンの予約はできませんので、ご了承下さい(令和3年7月15日)。

6月11日現在の、新型コロナワクチン予約状況は以下の通りです。

本日予約すると、1回目接種が8月後半、2回目接種が9月前半となります。

新型コロナワクチンの接種対象年齢が12歳以上に拡大されました。接種券(クーポン券)が届いたら、窓口にて予約して下さい。藤沢市以外の方も予約できます(令和3年6月2日)。