医学の歴史を訪ねて 第7回 ヴェネツィア編 その2

令和3年5月1日

 

ヴェネツィアの歴史

 

 5世紀頃、ヴェネト族がフン族、ゴート族などの外敵侵入から逃れて、海の干潟(ひがた、ラグーナ)に避難し、街を作りました。

つまり、ヴェネツィアはイタリアの多くの都市と異なり、古代ローマ帝国時代の地方都市として始まったのではなく、何もない海に、土地その物をゼロから作り上げたのです。

 まず、干潟の軟弱な地盤に、何千・何万もの木の杭(くい)を打ち込みました。

水に浸(つ)かって空気に触れない木は、長い年月を経(へ)て、真っ黒なコンクリートの柱のようになりました。

その上に石、さらにレンガを敷(し)き詰め、家を建てる土台を作りました。

 浅いラグーナに、船が通れる航路(運河)も作りました。

自動車が走れる道路はありません。

ヴェネツィアの交通手段は船だけです。

 ヴェネツィア人は、自然の威力の前で、協力して、ラグーナにある土地を守らなければなりませんでした。

7世紀末に最初のドージェ(総督)が選出されて以来、ヴェネツィアではずっと市民による共和制が守られました。

独裁君主が現れることも、派閥に別れて権力闘争をすることもありませんでした。

 

 そして、海の上の街ゆえに、最初から、海上貿易に有利でした。

地中海をたどって、ギリシャの各都市や、当時の政治経済の中心、コンスタンチノープル(東ローマ帝国(ビザンツ帝国)の首都、現在のイスタンブール)と交易する事ができたのです。

ヴェネツィアの繁栄の始まりです。

 11世紀、第1回十字軍が聖地エルサレムをイスラム教徒から奪回するため、出発しました。

これは、ヴェネツィアの商人にとっては大きなビジネスチャンスでした。

十字軍戦士を船で東方へ運ぶことを請(う)負(お)い、東方貿易の商権を手に入れたのです。

ヴェネツィアなど北イタリア諸都市は、ライバルのビザンツ商人に替わって、東地中海に商圏を拡大し、香辛料(こうしんりょう)の貿易で巨万の富を得ました。

 

 一方、14世紀にヨーロッパを襲ったペスト(黒死病)は全ヨーロッパの3分の1(3,500万人)の命を奪いました。

そして、「疫病(えきびょう)元凶(がんきょう)はユダヤ人だ」という風評が流布(るふ)し、ユダヤ人の大量虐殺や追放が各地で行われました。

何万人ものユダヤ人がイタリアに渡り、ヴェネツィアにもユダヤ人が増加しました。

 当時、様々な職種から締(し)め出されていたユダヤ人(ユダヤ教徒)の多くは、金貸し業を営みました。

キリスト教徒は、「利子を取るのは神の教えに反する」という理由で、金貸し業が禁止されていたからです。

貿易によってお金が動く都市ヴェネツィアでは、ユダヤ人は大(おお)儲(もう)けしました。

 シェイクスピアの「ベニスの商人」は16世紀末の戯曲(ぎきょく)で、ユダヤ人同士のお金の貸し借りの話です。

ヴェネツィアでユダヤ人の多くが金融業に就(つ)いていたのを知っていたから、シェイクスピアはこんな話を書いたのでしょう。

 

 ヴェネツィア共和国の繁栄は、18世紀末、ナポレオンに征服されるまで、1,100年余りも続きました。

当然、イタリアを占領したナポレオンは、イタリアでは悪評です。

しかし、ナポレオンのお蔭でコムーネの時代に終焉(しゅうえん)がもたらされ、後にイタリアが統一国家になれたのだ、とも言えるのです。

 

                                              次号に続く

 

インフルエンザ予防接種の予診票は当院受付にてお配りしている他、本サイトからもダウンロードできます。予め記入後お持ち下さい。

  ただし、「65歳以上の藤沢市民」は、当院にて専用の予診票に記入して頂きますので、ダウンロードは不要です。

お知らせ

10月23日(土)午前10時、インフルエンザワクチンの在庫がなくなりました。

入荷しだい、お知らせします。

10月22日診療終了時点で、インフルエンザワクチンの在庫35人分です。

10月21日朝、インフルエンザワクチン100人分入荷しました。

在庫は105人分です。

10月20日夕方、診療終了時点で、インフルエンザワクチンの在庫は17人分です。

10月18日朝、インフルエンザワクチン138人分入荷しました。

在庫は188人分です。

10月12日朝、インフルエンザワクチン100人分入荷しました。

在庫は約200人分です。

10月1日朝の診療開始時点で、インフルエンザワクチンの在庫は380人分です。

 新型コロナワクチンの予約受付を再開します。3週間おき、計2回の接種をキャンセルしないで必ず受けると約束する方だけに限ります。

接種日は11月1日(月)以降で、定員168人です。接種時間帯は診療時間と同じです。

 月、火、水、金曜日の午後2時から3時の間、当院にて、接種券を持参の上、予約して下さい。電話では予約できません。電話でのお問い合わせはご遠慮下さい(9月9日)。

 

新型コロナワクチンの接種枠が満杯になりました。一旦、予約受付を終了します。再開する際は当欄にてお知らせします(9月1日)。

新型コロナワクチンの予約受付を再開します。3週間おき、計2回の接種をキャンセルしないで必ず受けると約束する方だけに限ります。接種日は以下の2通りに限り、共に定員70人です。例外はありません。

月、火、水、金曜日の午後2時から3時の間、当院に接種券を持参して御予約下さい。電話では予約できません。電話でのお問い合わせはご遠慮下さい(9月1日)。

①9/11(土)②10/2(土)

①9/25(土)②10/16(土)

いずれも、時間は午後2時から5時までです。

新型コロナワクチンの接種枠が満杯になりました。一旦、予約受付を終了します。再開する際は当欄にてお知らせします(令和3年8月27日)。

新型コロナワクチンの予約受付を再開します。3週間おき、計2回の接種をキャンセルしないで必ず受けると約束する方だけに限ります。接種日は以下の11通りに限ります。例外はありません。

月、火、水、金曜日の午後2時から3時の間、当院に接種券を持参して御予約下さい。電話では予約できません。

①9/28②10/19、①9/29②10/20、①9/30②10/21、①10/1②10/22、①10/2②10/23、①10/4②10/25、①10/5②10/26、①10/6②10/27、①10/7②10/28、①10/8②10/29、①10/9②10/30

8月12日(木)から14日(土)までの3日間、夏期休業します。

 

全国的なワクチン不足のため、神奈川県より9月27日以降の予約受付を控えるよう通達がありました。当面の間、9月27日以降の新型コロナワクチンの予約はできませんので、ご了承下さい(令和3年7月15日)。

6月11日現在の、新型コロナワクチン予約状況は以下の通りです。

本日予約すると、1回目接種が8月後半、2回目接種が9月前半となります。

新型コロナワクチンの接種対象年齢が12歳以上に拡大されました。接種券(クーポン券)が届いたら、窓口にて予約して下さい。藤沢市以外の方も予約できます(令和3年6月2日)。