日本からタバコを一掃しよう 第18回

平成30年9月1日

 

  禁煙を勧めると、「電子タバコに替えたんだから良いでしょ?」と開き直る患者さんが増えてきました。

そこで、いわゆる「新型タバコ」について、私の見解を述べます。

 

 従来のタバコ(燃焼式タバコ)とは異なる「新型タバコ」には、「電子タバコ」と「加熱式タバコ」の2種類があります。

 「電子タバコ」とは、液体を加熱してエアロゾル(固体または液体の微粒子が気体中に浮遊している状態)を発生させる製品です。

液体にはニコチンを含む物と含まない物とがありますが、そもそもニコチンを含まなければニコチン中毒患者を満足させられません。

ところが、液体のニコチン(猛毒!)を含む製品は、日本の法律では販売が禁止されています。

つまり、日本国内で喫煙者が「電子タバコ」を吸う事はできない訳です。

 「加熱式タバコ」には、葉タバコを直接加熱(蒸し焼き)し、ニコチンを含むエアロゾルを発生する製品(「アイコス」「グロー」など)と、エアロゾルを発生させた後にタバコ粉末を通過させる製品(プルーム・テックなど)があります。

日本の喫煙者が「電子タバコ」と呼んでいる物は、厳密には「加熱式タバコ」なのです。

  ニコチン中毒患者を満足させなければなりませんから、加熱によって発生するニコチンの量は従来の燃焼式タバコと同等です。

「アイコス」を生産・販売しているフィリップ・モリス・インターナショナル社は「アイコスを通じて禁煙できる」などと宣伝していますが、欺(だま)されてはいけません。

ニコチン中毒患者が従来のタバコと同等のニコチンを摂取し、ニコチンを買い続ける事が会社存続の必要条件だからです。

 有害物質である一酸化炭素やタール(煙の中の粒子成分)は、タバコの葉が燃焼する事によって生じます。

これらの毒は、加熱では比較的少量しか発生しません。

 しかしながら、ニッケル・クロムなどの重金属や放射性元素のポロニウム、ニトロサミン・ベンゾピレンなどの発癌物質、さらにはプロピレングリコール、ホルムアルデヒド、アクロレイン、アセナフテンなど数え切れないほどの有害物質が、加熱式タバコでも従来のタバコと同程度発生することが分かっています。

 「グロー」を生産・販売しているブリティッシュ・アメリカン・タバコ(BAT)社は「ハームリダクション " harm reduction "(危害を減ずる)が会社のポリシーだ」と強弁しています。

 皆さんは、「大部分の毒は今まで通りだけど、一部の毒は減らしたよ」と言いながら渡された毒薬を飲みますか?

BAT社の「ハームリダクション」なんぞ、欺瞞(ぎまん)なのです。

 「危険が少ない」という宣伝文句に乗せられて加熱式タバコを買う喫煙者は、もともとタバコの害を認識している訳です。

禁煙の入口に立っているとさえ言えます。

加熱式タバコを吸っているアナタ!

今すぐ、当院の禁煙外来を受診して下さい。

 タバコの葉を燃やしませんから、加熱式タバコでは副流煙はほとんど発生しません。

しかしながら、人が吸い込んだ空気の3分の1はそのまま吐き出されます。

なぜなら、人の呼吸には口腔・鼻腔・気管など、酸素交換には与(あずか)らない「死腔」が介在するからです。

 従って、加熱式タバコから吸入したエアロゾルやPM2.5と呼ばれる微小粒子状物質の3割以上が喫煙者の周囲に飛散します。

JT(日本たばこ産業株式会社)は「加熱式タバコは空気環境への影響がない」と宣伝していますが、大嘘なのです。

  東京オリンピックを控え、受動喫煙防止対策が急務になっています。

「店内禁煙」を謳(うた)っていても「紙巻きタバコは不可だが、加熱式タバコは可」などという飲食店があります。

この店の経営者はタバコ会社の嘘を信じ、とんでもない誤解をしているのです。

 前号で、私は「受動喫煙防止法」を制定すべきだと述べました。

現在、政府が議論している受動喫煙防止対策に新型タバコは含まれていません。

国の政策が、商魂たくましいタバコ会社の戦略に追いついていないのです。

是非とも、新型タバコを含めた「タバコ廃止法」の実現が必要です。

日本からタバコも新型タバコも、すべて追い出さなければなりません。

 

 以上で、計18回にわたるタバコ追放論を終わります。 

次回から、個人情報保護について私の考えを述べます。

インフルエンザ予防接種の予診票は当院受付にてお配りしている他、本サイトからもダウンロードできます。予め記入後お持ち下さい。

  ただし、「65歳以上の藤沢市民」は、当院にて専用の予診票に記入して頂きますので、ダウンロードは不要です。

お知らせ

10月23日(土)午前10時、インフルエンザワクチンの在庫がなくなりました。

入荷しだい、お知らせします。

10月22日診療終了時点で、インフルエンザワクチンの在庫35人分です。

10月21日朝、インフルエンザワクチン100人分入荷しました。

在庫は105人分です。

10月20日夕方、診療終了時点で、インフルエンザワクチンの在庫は17人分です。

10月18日朝、インフルエンザワクチン138人分入荷しました。

在庫は188人分です。

10月12日朝、インフルエンザワクチン100人分入荷しました。

在庫は約200人分です。

10月1日朝の診療開始時点で、インフルエンザワクチンの在庫は380人分です。

 新型コロナワクチンの予約受付を再開します。3週間おき、計2回の接種をキャンセルしないで必ず受けると約束する方だけに限ります。

接種日は11月1日(月)以降で、定員168人です。接種時間帯は診療時間と同じです。

 月、火、水、金曜日の午後2時から3時の間、当院にて、接種券を持参の上、予約して下さい。電話では予約できません。電話でのお問い合わせはご遠慮下さい(9月9日)。

 

新型コロナワクチンの接種枠が満杯になりました。一旦、予約受付を終了します。再開する際は当欄にてお知らせします(9月1日)。

新型コロナワクチンの予約受付を再開します。3週間おき、計2回の接種をキャンセルしないで必ず受けると約束する方だけに限ります。接種日は以下の2通りに限り、共に定員70人です。例外はありません。

月、火、水、金曜日の午後2時から3時の間、当院に接種券を持参して御予約下さい。電話では予約できません。電話でのお問い合わせはご遠慮下さい(9月1日)。

①9/11(土)②10/2(土)

①9/25(土)②10/16(土)

いずれも、時間は午後2時から5時までです。

新型コロナワクチンの接種枠が満杯になりました。一旦、予約受付を終了します。再開する際は当欄にてお知らせします(令和3年8月27日)。

新型コロナワクチンの予約受付を再開します。3週間おき、計2回の接種をキャンセルしないで必ず受けると約束する方だけに限ります。接種日は以下の11通りに限ります。例外はありません。

月、火、水、金曜日の午後2時から3時の間、当院に接種券を持参して御予約下さい。電話では予約できません。

①9/28②10/19、①9/29②10/20、①9/30②10/21、①10/1②10/22、①10/2②10/23、①10/4②10/25、①10/5②10/26、①10/6②10/27、①10/7②10/28、①10/8②10/29、①10/9②10/30

8月12日(木)から14日(土)までの3日間、夏期休業します。

 

全国的なワクチン不足のため、神奈川県より9月27日以降の予約受付を控えるよう通達がありました。当面の間、9月27日以降の新型コロナワクチンの予約はできませんので、ご了承下さい(令和3年7月15日)。

6月11日現在の、新型コロナワクチン予約状況は以下の通りです。

本日予約すると、1回目接種が8月後半、2回目接種が9月前半となります。

新型コロナワクチンの接種対象年齢が12歳以上に拡大されました。接種券(クーポン券)が届いたら、窓口にて予約して下さい。藤沢市以外の方も予約できます(令和3年6月2日)。