日本からタバコを一掃しよう 第11回

平成30年2月1日

 

  日本はWHO予算の義務的分担金の額が第2位を誇る主要国です(第1位はもちろんアメリカ)。

しかも、タバコ規制枠組み条約の会議費への拠出金の額は、何と日本が世界第1位です。

 かつて湾岸戦争の際にも国際的な批判を浴びましたが、「カネは出すが行動しない(実行しない代わりにカネでごまかす)」のは日本のお家芸のようです。

日本政府は条約を無視して平然としています。

国際社会の一員としてあるまじき、恥ずべき態度です。

 

  「なぜ、日本政府が受動喫煙防止を始めとするタバコ対策を進めないのか?」について述べる前に、タバコ規制枠組み条約の主要条文を見てみましょう。

 

6条 タバコ税・タバコ価格を上げてタバコの需要を減らす。

 海外のタバコの値段は、安くても1箱800円から1,000円程度です。

イギリスやノルウェーでは1,000円を超します。

オーストラリアでは1,600円から2,200円もします。

先進国で、日本より安くタバコを買える国は存在しません。

タバコの値段を上げれば、喫煙者が禁煙を決意するきっかけになります。

 喫煙を開始するのは、多くの場合、中学生・高校生の頃です。

私も高校2年の修学旅行の際、札幌の旅館で秋田県から来た高校生の部屋に誘われ、タバコを吸わされた(?)のが、初めての喫煙でした。

1箱2,000円か3,000円に値上げすれば、中・高生はタバコに手を出せなくなります。

  平成25年度の総販売本数は約2,000億本ですから、単純計算すれば、タバコ税を1本当たり1円増税するだけで2,000億円の税収アップにつながります。

10円増税すれば2兆円の税収アップです。

実際には、タバコの値段が上がると販売本数が減るため、こんなに簡単にはいきません。

 世界銀行は「タバコを40%値上げすると、喫煙量が1416%下がり、一方タバコ税収は2028%増えるという世界共通の原則がある」と報告しています。

また、ある試算によると、タバコ11,000円に値上げすると、喫煙率・喫煙量が3分の1に落ち込んだとしても、25,000億円以上の税収増が見込めるというのです。

消費税の増税よりも、タバコ税の大幅増税を先に行うべきなのです。

 一般的に、タバコ税を上げてタバコの値段が高くなれば、タバコの需要が減り、タバコ会社の収益や税収が落ちると思われがちです。

しかし、実際にはそうはならないのです。

タバコには強い依存性があるため、値上げに比例して止める人が増える訳ではないからです。

  タバコの値上げに伴って、税収が増えるだけではなく、喫煙率が低下する事で健康被害が減少します。

伸び続ける国民医療費を抑制する上でも、これに勝る方法はありません。

ある試算によれば、タバコによって引き起こされる癌・動脈硬化性疾患により、32,000億円もの無駄な医療費が費やされています。

タバコを大幅値上げする事により、税収が増え、医療費が減るのです。

一石二鳥ではありませんか!

 

 

                                                            次号に続く

インフルエンザ予防接種の予診票は当院受付にてお配りしている他、本サイトからもダウンロードできます。予め記入後お持ち下さい。

  ただし、「65歳以上の藤沢市民」は、当院にて専用の予診票に記入して頂きますので、ダウンロードは不要です。

お知らせ

一般用インフルエンザワクチンの在庫がなくなりました(11月26日PM4時)。

11月26日AM10:30、一般用インフルエンザワクチン40人分が入荷しました。

一般用インフルエンザワクチンの在庫がなくなりました(11月22日PM5時)。

11月22日PM0時、一般用インフルエンザワクチン50人分が追加入荷しました。

11月22日AM10時、一般用インフルエンザワクチン90人分入荷しました。65歳以上の藤沢市民には藤沢市から配給される筈ですが、未だ配給再開日が未定のため、希望者には一般用を転用して接種します。

11月22日午前、一般用インフルエンザワクチン約100人分入荷予定です。時間は未定です。入荷次第、お知らせします。電話での問い合わせはご遠慮下さい。

一般用インフルエンザワクチンの在庫がなくなりました(11月12日)。

一般用インフルエンザワクチン100人分が入荷しました(11月12日)。

一般用インフルエンザワクチンの在庫がなくなりました(11月10日)。

11月9日夕方4時頃入荷する予定の一般用インフルエンザワクチンが、60人分から90人分に増えました。

11月9日夕方4時頃、一般用インフルエンザワクチン60人分入荷予定です。

一般用インフルエンザワクチンの在庫がなくなりました(11月8日)。

一般用インフルエンザワクチン70人分が入荷しました(11月8日)。

一般用インフルエンザワクチンの在庫がなくなりました。入荷次第、お知らせします(11月5日)。

一般用インフルエンザワクチン100人分が入荷しました(11月4日)。

10月30日(土)、インフルエンザワクチンの在庫がなくなりました。

入荷しだい、お知らせします。

10月29日の診療終了時点で、一般用インフルエンザワクチンの在庫は17人分です。

一般用のインフルエンザワクチン60人分が入荷しました(2,800円)(10月29日)。

65歳以上の藤沢市民には、藤沢市からインフルエンザワクチンが配給されますが、現在、品不足のため配給が停止されています。

そのため、予約も一時的に中止しています(10月26日)。

10月23日(土)午前10時、インフルエンザワクチンの在庫がなくなりました。

入荷しだい、お知らせします。

10月22日診療終了時点で、インフルエンザワクチンの在庫35人分です。

10月21日朝、インフルエンザワクチン100人分入荷しました。

在庫は105人分です。

10月20日夕方、診療終了時点で、インフルエンザワクチンの在庫は17人分です。

10月18日朝、インフルエンザワクチン138人分入荷しました。

在庫は188人分です。

10月12日朝、インフルエンザワクチン100人分入荷しました。

在庫は約200人分です。

10月1日朝の診療開始時点で、インフルエンザワクチンの在庫は380人分です。

 新型コロナワクチンの予約受付を再開します。3週間おき、計2回の接種をキャンセルしないで必ず受けると約束する方だけに限ります。

接種日は11月1日(月)以降で、定員168人です。接種時間帯は診療時間と同じです。

 月、火、水、金曜日の午後2時から3時の間、当院にて、接種券を持参の上、予約して下さい。電話では予約できません。電話でのお問い合わせはご遠慮下さい(9月9日)。

 

新型コロナワクチンの接種枠が満杯になりました。一旦、予約受付を終了します。再開する際は当欄にてお知らせします(9月1日)。

新型コロナワクチンの予約受付を再開します。3週間おき、計2回の接種をキャンセルしないで必ず受けると約束する方だけに限ります。接種日は以下の2通りに限り、共に定員70人です。例外はありません。

月、火、水、金曜日の午後2時から3時の間、当院に接種券を持参して御予約下さい。電話では予約できません。電話でのお問い合わせはご遠慮下さい(9月1日)。

①9/11(土)②10/2(土)

①9/25(土)②10/16(土)

いずれも、時間は午後2時から5時までです。

新型コロナワクチンの接種枠が満杯になりました。一旦、予約受付を終了します。再開する際は当欄にてお知らせします(令和3年8月27日)。

新型コロナワクチンの予約受付を再開します。3週間おき、計2回の接種をキャンセルしないで必ず受けると約束する方だけに限ります。接種日は以下の11通りに限ります。例外はありません。

月、火、水、金曜日の午後2時から3時の間、当院に接種券を持参して御予約下さい。電話では予約できません。

①9/28②10/19、①9/29②10/20、①9/30②10/21、①10/1②10/22、①10/2②10/23、①10/4②10/25、①10/5②10/26、①10/6②10/27、①10/7②10/28、①10/8②10/29、①10/9②10/30

8月12日(木)から14日(土)までの3日間、夏期休業します。

 

全国的なワクチン不足のため、神奈川県より9月27日以降の予約受付を控えるよう通達がありました。当面の間、9月27日以降の新型コロナワクチンの予約はできませんので、ご了承下さい(令和3年7月15日)。

6月11日現在の、新型コロナワクチン予約状況は以下の通りです。

本日予約すると、1回目接種が8月後半、2回目接種が9月前半となります。

新型コロナワクチンの接種対象年齢が12歳以上に拡大されました。接種券(クーポン券)が届いたら、窓口にて予約して下さい。藤沢市以外の方も予約できます(令和3年6月2日)。