日本からタバコを一掃しよう 第10回

平成30年1月1日

 

 明けましておめでとうございます。

今年も率直に意見を述べますので、お付き合い下さい。

 

  前回まで述べたように、タバコは百害あって一利なしです。

ブータンという国は「タバコを作らない、売らない、吸わない世界で初の国」です。

私は日本もブータンのようにタバコのない国になって欲しいと願いますが、当分無理でしょう。

喫煙者が自分の健康を害してでもタバコを吸うのは、本人の自由かも知れません。

しかし、タバコを吸わない人の健康を害する自由は絶対にありません。

 そのため、タバコをいきなり全面禁止にはせず、まずは喫煙者を増やさないようにして、能動喫煙・受動喫煙の健康被害を減らす対策がとられるようになりました。

それが、タバコ規制枠組み条約(FCTC)です。

  FCTCとはFramework Convention on Tobacco Controlの略です。

能動喫煙のみならず受動喫煙も深刻な健康被害をもたらす事が明らかになりました。

そこで、WHO(世界保健機関)は適切なタバコ規制を世界中で推進するため、国際的に取り組む条約を作ったのです。

 タバコ規制枠組み条約は2003年にWHOの総会で採択されました。

「能動喫煙と受動喫煙が死亡・疾病・障害を引き起こすと、科学的証拠により明白に証明されている」事を前提として、「タバコの需要を減らし、タバコの煙にさらされる事を防ぐための措置を講じる」事を求めています。

 日本は翌年の2004年にこの条約を批准しました。

批准とは、条約に署名し、受諾書を提出する事です。

日本が国家としてこの条約に拘束される事を決定した訳です。

つまり、日本はこの条約に定められた措置を実施する義務と責任を有するのです。

 この条約により、日本は2010年(平成22年)2月末までに、公共の屋内における完全禁煙を義務づけられました。

しかしながら、日本国政府は未だに全く実施していません。

この条約を批准していながら実行に移していない国は、アフリカの発展途上国を除けば、北朝鮮と日本だけです。

 例えば、ドイツは2007年に「受動喫煙防止法」を制定しました。

アメリカでも多くの州が州法で受動喫煙防止措置を定め、2009年にはオバマ大統領が連邦食品医薬品局(FDA)に強力な権限を与える「タバコ規制法」に署名しました。

今や、条約に基づいて、ヨーロッパ・北米・アジアの主要国でタバコ規制が進み、受動喫煙防止措置が実行されています。 

 日本はタバコ対策において、北朝鮮と同レベルに怠慢なのです。

この点に関して、日本は欧米各国から強く非難されています。

 

条約とは、国際社会の中で様々な国が互いの利害を乗り越え、それぞれの役割を果たすために締結する約束です。

一国の政府が署名し、国会の議決を経て締結しながら、その約束を守らないとは、国際社会における責任ある国家のなすべき事ではありません。 

 

                                                     次号に続く

 

インフルエンザ予防接種の予診票は当院受付にてお配りしている他、本サイトからもダウンロードできます。予め記入後お持ち下さい。

  ただし、「65歳以上の藤沢市民」は、当院にて専用の予診票に記入して頂きますので、ダウンロードは不要です。

お知らせ

10月23日(土)午前10時、インフルエンザワクチンの在庫がなくなりました。

入荷しだい、お知らせします。

10月22日診療終了時点で、インフルエンザワクチンの在庫35人分です。

10月21日朝、インフルエンザワクチン100人分入荷しました。

在庫は105人分です。

10月20日夕方、診療終了時点で、インフルエンザワクチンの在庫は17人分です。

10月18日朝、インフルエンザワクチン138人分入荷しました。

在庫は188人分です。

10月12日朝、インフルエンザワクチン100人分入荷しました。

在庫は約200人分です。

10月1日朝の診療開始時点で、インフルエンザワクチンの在庫は380人分です。

 新型コロナワクチンの予約受付を再開します。3週間おき、計2回の接種をキャンセルしないで必ず受けると約束する方だけに限ります。

接種日は11月1日(月)以降で、定員168人です。接種時間帯は診療時間と同じです。

 月、火、水、金曜日の午後2時から3時の間、当院にて、接種券を持参の上、予約して下さい。電話では予約できません。電話でのお問い合わせはご遠慮下さい(9月9日)。

 

新型コロナワクチンの接種枠が満杯になりました。一旦、予約受付を終了します。再開する際は当欄にてお知らせします(9月1日)。

新型コロナワクチンの予約受付を再開します。3週間おき、計2回の接種をキャンセルしないで必ず受けると約束する方だけに限ります。接種日は以下の2通りに限り、共に定員70人です。例外はありません。

月、火、水、金曜日の午後2時から3時の間、当院に接種券を持参して御予約下さい。電話では予約できません。電話でのお問い合わせはご遠慮下さい(9月1日)。

①9/11(土)②10/2(土)

①9/25(土)②10/16(土)

いずれも、時間は午後2時から5時までです。

新型コロナワクチンの接種枠が満杯になりました。一旦、予約受付を終了します。再開する際は当欄にてお知らせします(令和3年8月27日)。

新型コロナワクチンの予約受付を再開します。3週間おき、計2回の接種をキャンセルしないで必ず受けると約束する方だけに限ります。接種日は以下の11通りに限ります。例外はありません。

月、火、水、金曜日の午後2時から3時の間、当院に接種券を持参して御予約下さい。電話では予約できません。

①9/28②10/19、①9/29②10/20、①9/30②10/21、①10/1②10/22、①10/2②10/23、①10/4②10/25、①10/5②10/26、①10/6②10/27、①10/7②10/28、①10/8②10/29、①10/9②10/30

8月12日(木)から14日(土)までの3日間、夏期休業します。

 

全国的なワクチン不足のため、神奈川県より9月27日以降の予約受付を控えるよう通達がありました。当面の間、9月27日以降の新型コロナワクチンの予約はできませんので、ご了承下さい(令和3年7月15日)。

6月11日現在の、新型コロナワクチン予約状況は以下の通りです。

本日予約すると、1回目接種が8月後半、2回目接種が9月前半となります。

新型コロナワクチンの接種対象年齢が12歳以上に拡大されました。接種券(クーポン券)が届いたら、窓口にて予約して下さい。藤沢市以外の方も予約できます(令和3年6月2日)。