日本からタバコを一掃しよう 第8回

平成29年11月1日

 

  タバコが如何に有害であるか、続けます。

 

9.添加物 続き

①アンモニア

 ニコチンはpH(ペーハー)が高くなると、「遊離塩基ニコチン」となり、生体膜を容易に通過して体内に吸収され易くなります。

ニコチンの血中濃度が急激に上昇すると、脳内報酬系が容易に活性化します。

JTは煙のpHを高くする目的でアンモニアを添加しています。

ニコチン依存症患者を効率よく増やして、タバコをもっともっと買わせるために、タバコにアンモニアを混ぜて、ニコチンを吸収しやすくしているのです。

JTはアンモニアを用いたニコチン吸収促進技術を「アンモニア・テクノロジー」と名付けて、自画自賛しています。 

 タバコの煙は粒子(りゅうし)相(そう)とガス相から成っています。

粒子相に含まれる種々の粒子は、肺の中で固まって粘着性のヤニ状の塊(かたまり)になるため、粒子相全体をタールと呼んでいます。

 通常のニコチンは煙の粒子相に、「遊離塩基ニコチン」はガス相に、それぞれ含まれます。

タバコのパッケージに表示するニコチン量は粒子相のニコチンのみを捕集・計量すれば良い事になっています。

アンモニア添加によって「遊離塩基ニコチン」の発生が増加しても、パッケージには記載しなくても良い訳です。

 うまく考えたものです。

腹が立つのを通り越して、感心してしまいます。

敵ながらアッパレです。

 

②アセトアルデヒド

 砂糖の燃焼によって発生するアセトアルデヒドは、ニコチンの急性中毒症状を緩和します。

このため、喫煙者はドンドン煙を吸っても気持ち悪くならず、ニコチンの血中濃度が急激に上昇します。

その結果、喫煙者のニコチン依存度が益々(ますます)強くなります。

  JTはこのメカニズムも自画自賛して、アセトアルデヒドを「インパクト・ブースター」と名付けているそうです。

全く腹立たしい限りです。

 

③プロジェクト・ステルス

  受動喫煙に対する社会の目が厳しくなってきました。

そこで、JTは副流煙を見えにくくさせる添加物や、臭いを隠す添加物を開発しました。

この技術はステルス戦闘機になぞらえ、「プロジェクト・ステルス」と呼ばれています。

  炭酸マグネシウムなどは副流煙を見えにくくし、ベンズアルデヒドなどは副流煙の臭いを分からなくします。

このように狡猾な技術で作られたタバコが、受動喫煙の被害を拡大しています。

 

                                                            次号に続く

 

インフルエンザ予防接種の予診票は当院受付にてお配りしている他、本サイトからもダウンロードできます。予め記入後お持ち下さい。

  ただし、「65歳以上の藤沢市民」は不要です。

お知らせ

10/2(金)朝の時点で、678人分のインフルエンザワクチン在庫があります。

令和2年8月13日(木)から15日(土)まで休診します。17日(月)より通常通り診療します。

令和2年4月26日(日)は9時から午後5時まで、藤沢市休日当番医です。急病やケガの方は受診して下さい。

4/7に緊急事態宣言が発令されましたが、緊急事態中も当院は通常通り診療を続けます。風邪症状で悩む方は早期に当院を受診下さい。まず肺炎を診断し、肺炎なら迅速に治療開始することが重要です。自宅で放置していると重症化することがありますので、早期発見早期治療が肝要です(令和2年4月10日)。

本日、インフルエンザワクチン60人分追加入荷しました(1月8日)。

本日、インフルエンザワクチン40人分入荷しました(1月7日)。

令和2年1月7日(火)にインフルエンザワクチン40人分入荷します。時刻は未定です。入荷次第、お知らせします。