日本からタバコを一掃しよう 第2回

平成29年5月1日

 

 前号で述べたように、神奈川県受動喫煙防止条例は屋内完全禁煙という観点から見て極(きわ)めて不十分です。

その理由の続きを述べます。

 

 第2に、小規模な飲食店・宿泊施設、パチンコ店には、禁煙にしても分煙にしても努力義務しかないのですから、結局、タバコの煙は野(の)放(ばな)しです。

私が時々行く小(こ)料理屋やスナックでも、他のお客さんから流れてくるタバコの煙で、せっかくの料理や旨い酒が台無しです。

着ている服にも煙が染み付いて臭くなるため、クリーニングに出さなくてはなりません。

 

 第3に、「受動喫煙防止条例」という立派な名前の割には抜け穴が多く、県民へ禁煙意識を浸透させる効果も不十分です。

罰則が適応される事も極めて希です。

当院の禁煙外来を受診する患者さんに訊くと、職場が神奈川県内であるにも拘わらず禁煙になっていないという返答が多いのです。

 そのような患者さんに、私は「神奈川県内の職場は禁煙にする義務があります。

守らないと、社長も社員も罰金を科せられますよ。

もし、上司や同僚の喫煙で社員が迷惑を被っているのでしたら、神奈川県庁の保健福祉局 保健医療部 健康増進課 たばこ対策グループ 電話 045-210-5025(直通)にすぐに電話して訴えて下さい」と助言します。

しかし、私が言ったとおりに実行した方は皆無です。

上司の機嫌を損(そこ)ねて職場に居づらくなるのを恐れるためでしょう。

県民の禁煙意識の低さを物語っています。

 

 このように問題の多い神奈川県受動喫煙防止条例ですが、これを改正するチャンスがありました。

この条例には「3年毎に見直す」という付帯条項があり、神奈川県はこの条例施行から3年経(た)った平成25年4月に、見直しのための有識者会議を設置したのです。

 私をはじめ神奈川県医師会関係者は、受動喫煙の更なる規制強化を期待しました。

すなわち、公共性が高い学校・病院・役所はもちろん、飲食店、ホテル・旅館、職場など、人が集まる室内空間はすべて禁煙にすべきであり、守らなければ厳罰に処すという内容の条例改正を望んだのです。 

しかし、残念ながら、規制強化は見送られました。

 平成28年には2回目の見直し作業が行われ、「修正版」の条例が公表されました。

けれども、数カ所微修正されただけで、屋内全面禁煙に繋(つな)がる規制強化や罰則強化は一切行われませんでした。

またしても、期待外(はず)れに終わったのです。

 

 私は、日本社会にはびこるタバコ利権がその背景にあると確信しています。

百害あって一利なしのタバコが、強力な利権構造によって守られている実体を、皆様に知って頂くのが本稿の目的です。

 

 神奈川県の受動喫煙防止条例がより強固になると同時に、東京都や他の都道府県にも同様の条例が制定される事を、私は切に期待します。

 そして、3年後の東京オリンピック開催までに、県単位の条例ではなく、「受動喫煙防止法」という国家の法律が成立するよう、世論を盛り上げたいと思います。

私達日本人だけではなく、世界中から集まるお客さんが、タバコの煙に悩まされずに済むのです。

どうです?素晴らしいでしょう?

 究極的には、日本からタバコがなくなる日を夢見て、次回以降も本稿を続けます。

                                                              次号へ続く

 

コメント: 0 (ディスカッションは終了しました。)
    まだコメントはありません。

インフルエンザ予防接種の予診票は当院受付にてお配りしている他、本サイトからもダウンロードできます。予め記入後お持ち下さい。

  ただし、「65歳以上の藤沢市民」は、当院にて専用の予診票に記入して頂きますので、ダウンロードは不要です。

お知らせ

10月23日(土)午前10時、インフルエンザワクチンの在庫がなくなりました。

入荷しだい、お知らせします。

10月22日診療終了時点で、インフルエンザワクチンの在庫35人分です。

10月21日朝、インフルエンザワクチン100人分入荷しました。

在庫は105人分です。

10月20日夕方、診療終了時点で、インフルエンザワクチンの在庫は17人分です。

10月18日朝、インフルエンザワクチン138人分入荷しました。

在庫は188人分です。

10月12日朝、インフルエンザワクチン100人分入荷しました。

在庫は約200人分です。

10月1日朝の診療開始時点で、インフルエンザワクチンの在庫は380人分です。

 新型コロナワクチンの予約受付を再開します。3週間おき、計2回の接種をキャンセルしないで必ず受けると約束する方だけに限ります。

接種日は11月1日(月)以降で、定員168人です。接種時間帯は診療時間と同じです。

 月、火、水、金曜日の午後2時から3時の間、当院にて、接種券を持参の上、予約して下さい。電話では予約できません。電話でのお問い合わせはご遠慮下さい(9月9日)。

 

新型コロナワクチンの接種枠が満杯になりました。一旦、予約受付を終了します。再開する際は当欄にてお知らせします(9月1日)。

新型コロナワクチンの予約受付を再開します。3週間おき、計2回の接種をキャンセルしないで必ず受けると約束する方だけに限ります。接種日は以下の2通りに限り、共に定員70人です。例外はありません。

月、火、水、金曜日の午後2時から3時の間、当院に接種券を持参して御予約下さい。電話では予約できません。電話でのお問い合わせはご遠慮下さい(9月1日)。

①9/11(土)②10/2(土)

①9/25(土)②10/16(土)

いずれも、時間は午後2時から5時までです。

新型コロナワクチンの接種枠が満杯になりました。一旦、予約受付を終了します。再開する際は当欄にてお知らせします(令和3年8月27日)。

新型コロナワクチンの予約受付を再開します。3週間おき、計2回の接種をキャンセルしないで必ず受けると約束する方だけに限ります。接種日は以下の11通りに限ります。例外はありません。

月、火、水、金曜日の午後2時から3時の間、当院に接種券を持参して御予約下さい。電話では予約できません。

①9/28②10/19、①9/29②10/20、①9/30②10/21、①10/1②10/22、①10/2②10/23、①10/4②10/25、①10/5②10/26、①10/6②10/27、①10/7②10/28、①10/8②10/29、①10/9②10/30

8月12日(木)から14日(土)までの3日間、夏期休業します。

 

全国的なワクチン不足のため、神奈川県より9月27日以降の予約受付を控えるよう通達がありました。当面の間、9月27日以降の新型コロナワクチンの予約はできませんので、ご了承下さい(令和3年7月15日)。

6月11日現在の、新型コロナワクチン予約状況は以下の通りです。

本日予約すると、1回目接種が8月後半、2回目接種が9月前半となります。

新型コロナワクチンの接種対象年齢が12歳以上に拡大されました。接種券(クーポン券)が届いたら、窓口にて予約して下さい。藤沢市以外の方も予約できます(令和3年6月2日)。