番外編 片桐発祥の地を訪ねて

平成28年9月1日 

 

 この夏、私は、信州にある、真田(さなだ、私の家内の実家)の郷(さと)NHK大河ドラマ「真田丸」のお蔭でブームです)と片桐(私の一族)の先祖発祥の地を訪(たず)ねました。

写真集を当サイトのフォトギャラリーに掲載しました。ご参照下さい。

 今月から2回に渡り、「血液型と性格」の話を一時中断し、片桐発祥の地について、歴史的な背景を含めて報告します。 

 

 片桐の郷(さと)に入る前夜、泊まった温泉宿に呼んだマッサージ師の住所が「長野県上伊那(かみいな) 中川村 片桐」と聞いて、「確かに自分は片桐の郷に来たのだ」と実感しました。

 

 そもそも、私の先祖「片桐」氏(し)源(みなもとの) 満快(みつよし)繋(つな)がる信濃(しなの)源氏(げんじ)に発します。

満快は平安時代中期の武将です。(みやこ、現在の京都)における官吏(かんり)として活動し、下野守(しもつけのかみ)などを歴任したとされます(「尊卑分脈(そんぴぶんみゃく」)。下野(しもつけ)とは、現在の栃木県です。

 源 満快から数えて4代目の子、「蔵人(くろうど)大夫(だいぶ)」源 為基(ためもと)(平安時代後期の武将、通称:片切 源八(げんぱち))が、父の源 為公(ためとも)より信濃国(しなののくに)伊那郡(いなぐん)における勢力の一部を継承し、郡内の片切郷(かたぎりごう)に入部したとされています。

 源 為基がこの片切(片桐)郷(現在の長野県 下伊那(しもいな) 松川町 上片桐(かみかたぎり)東隣(ひがしどなり)上伊那(かみいな)郡 中川村 片桐)を領して片切氏と称したのが「片桐」家(け)の始まりです。

すなわち、源 為基が信濃「片桐」氏の始祖です。

為基は、片桐氏累代(るいだい)の居城として知られる船山(ふなやま)城も築きました。船山城の現在の住所は「長野県 下伊那郡 松川町 上片桐 城」です。

 ちなみに、蔵人は日本の律令(りつりょう、法律)に定められた官職の一つで、天皇の秘書的役割でした。大夫は男性官吏の称号です。

 以上より、信濃片桐氏や、それに繋がる片桐家は、信濃源氏の一家系だという事が、理解頂けたと思います。

 

 私は、藤沢市から約270km離れた先祖発祥の地を訪(おとず)れる期待に胸躍らせ、翌朝早く目覚めました。

まず、JR飯田線の「片桐」駅に行きました。

駅員がいない田舎(いなか)の駅でした。

飯田線は単線で、約1時間に1本しか走っていません。

 駅前の雑貨屋の女将(おかみ)さんに場所を教わり、船山城があった場所に到着しました(写真1)。

城(しろ)の一帯が西から東に細長く突出した形状をしており、船を置いてあるように見えるため、船山城と名付けられました。

 写真2は船山城があった山です。

確かに、山の形が船を逆さにしたように見えます。

 

 片桐氏の当主としては、「保元(ほうげん)の乱」「平治(へいじ)の乱」で源 義朝(よしとも)に従軍した片桐 景重(かげしげ)(源 景重、通称:片桐小八郎(こはちろう))が有名です。

義朝は源 頼朝(よりとも)後(のち)1192年、鎌倉幕府を創始)と源 義経(よしつね)の父です。

 「片切」はすでに「平治物語」「吾妻鏡(あづまかがみ)」から「片桐」とも記されており、一般には区別されず、早くから併用されていました。

ゆえに、景重の姓を片桐とも書くのです。

  景重は源 為基の孫で、平安時代末期の武将です。

源八の孫だから、小八郎と呼ばれたのでしょう。

長野県下伊那郡松川町にある小八郎岳(だけ)は、源 景重がその頂(いただき)に避暑地としての山城(やまじろ)を築いた事からその名が付きました。

 写真3の中央に位置する、局所的に禿(は)げた山が小八郎岳です。

ちなみに、その右にある、さらに高い山は烏帽子(えぼし)岳と呼ばれます。

 湘南の烏帽子岩の近くに暮らす私には、何か因縁めいたものを感じました。

 

 片桐景重は保元元年(1156年)の「保元の乱」で、源 義朝の郎党(ろうとう)として後白河(ごしらかわ)天皇方に参陣しました。続く、平治元年(1159年)の「平治の乱」でも源 義朝の信頼厚い武士として従軍しました。

 「平治物語」によると、片桐景重は源 義朝の長男・源 義平(よしひら)に従って平(たいらの)重盛(しげもり)500騎の軍勢に切り込む東国(とうごく、関東)武士の精鋭17騎の一人と書かれています。

少数の義朝軍はやがて劣勢に陥(おちい)りますが、屈服を潔(いさぎよ)しとしない義朝・義平は最後の一戦を望んで六波羅ろくはら、平家(へいけ)一門(いちもん)の軍事力の拠点)に向かいました。

 少数の武士の中に小八郎(源 景重)の名があります。

小八郎は再起を期す源 義朝・頼朝親子が東国に向けて敗退する時間を得るべく、必死の防戦に努めました。

しかし、最後は敵の大軍に囲まれ、京の六条(ろくじょう)河原(がわら)で討ち死にしました。                                

                               次号に続く

お知らせ

本日、インフルエンザワクチン60人分追加入荷しました(1月8日)。

本日、インフルエンザワクチン40人分入荷しました(1月7日)。

令和2年1月7日(火)にインフルエンザワクチン40人分入荷します。時刻は未定です。入荷次第、お知らせします。

只今、インフルエンザワクチンの在庫がなくなりました。次回の入荷は正月明けの予定です(12月28日)。

12/29(日)から翌1/3(金)まで休診します。

ただし、12/31(火)の午前9時から午後5時まで、救急当番医ですので、急病・ケガの方は診療致します。

新年は、1/4(土)から診療開始します。

本日、インフルエンザワクチン28人分が追加入荷しました(12月27日)。

本日、インフルエンザワクチン16人分が追加入荷しました(12月26日)。

本日、さらにインフルエンザワクチン20人分が追加入荷しました(12月24日)。

本日、午前中にインフルエンザワクチン68人分が入荷します(12月24日)。

只今、インフルエンザワクチンの在庫がなくなりました。次回の入荷は未定です(12月23日)。

本日、追加でインフルエンザワクチン80人分入荷しました(12月20日)。

本日午前中に、インフルエンザワクチン40人分が追加入荷します(12月18日)。

本日、追加でインフルエンザワクチン80人分入荷しました(12月16日)。

本日、インフルエンザワクチン68人分入荷しました(12月16日)。

只今、インフルエンザワクチンの在庫がなくなりました。次の入荷は12月16日の予定です(12月14日)。

12月13日の診療終了時点で、インフルエンザワクチンの在庫は17人分です。次の入荷は12月16日の予定です。

本日、午前中(時刻未定)にインフルエンザワクチン46人分入荷予定です。さらに、午後4時までに46人分入荷予定です(12月13日)。

只今、インフルエンザワクチンの在庫がなくなりました。

入荷次第お知らせします(12月13日)。

 

 

只今、インフルエンザワクチン20人分が入荷しました(12/12)。

本日午前中に、インフルエンザワクチン20人分が入荷します。時刻は未定です(12月12日)。

只今、インフルエンザワクチンの在庫がなくなりました。

入荷次第お知らせします(12月11日)。

 

本日、インフルエンザワクチン60人分が入荷しました(12月11日)。

只今、インフルエンザワクチンの在庫がなくなりました。

明日12/11(水)、60人分入荷します。

午前中の予定ですが、時刻は未定です。

12/10(火)にインフルエンザワクチン46人分が入荷します。

午前中の予定ですが、時刻は未定です。

只今、インフルエンザワクチンの在庫がなくなりました。入荷次第お知らせします(12月7日)。

12/6(金)の診療終了時点で、インフルエンザワクチンが残り8人分となりました。来週の入荷日は未定です。

本日、インフルエンザワクチン200人分が追加入荷しました(12月3日)。

本日、インフルエンザワクチン200人分が追加入荷しました(11月29日)。

本日、インフルエンザワクチン200人分が追加入荷しました(11月21日)。

本日、インフルエンザワクチン200人分が追加入荷しました(11月20日)。

本日、さらにインフルエンザワクチン40人分が追加入荷しました(11月18日)。

本日、インフルエンザワクチン380人分が入荷しました(11月18日)。

只今、インフルエンザワクチンの在庫がなくなりました。次回の入荷は、11月18日(月)午前中に200人分の予定です(11月15日)。

11月14日午前9:40にインフルエンザワクチン200人分が入荷しました。

11月14日(木)午前中にインフルエンザワクチン200人分が入荷予定です。

ただし、時間は未定です。時間について電話での問い合わせはご遠慮下さい。

 

只今、インフルエンザワクチンの在庫がなくなりました。入荷次第、お知らせします(11月12日)。

本日、インフルエンザワクチン70人分が入荷しました(11月12日)。

只今、インフルエンザワクチンの在庫がなくなりました。入荷次第、お知らせします(11月9日)。

本日、インフルエンザワクチン200人分が入荷しました(11月8日)。

本日、午後4時にインフルエンザワクチン200人分入荷します(11月6日)。