医者と患者に男も女もありません 第1回

2015年10月1日

 

 今回から、医師・患者関係における性別への配慮について、私の考えを述べます。

 ある日の新聞に、60歳代の女性から次のような投稿がありました。抜粋します。

 

 週末の夜に突然、下腹部の激痛に襲われ、救急病院に駆け込んだ。

男性医師が尿管結石と診断し、「痛み止めに坐薬を使います。僕が入れて良いですか?

それとも、看護婦に入れさせましょうか?」と尋ねてくれた。

 そして、こちらの希望通り、看護婦が私の直腸に坐薬を入れてくれた。

ほどなくして痛みが治まり、帰宅できた。

 あの時の私は、猛烈な痛みに悶(もだ)え苦しんでいたと思う。

その状況に動揺する事なく、患者を気遣(きづか)ってくれた医師の優しさに感謝したい。 

 

 皆さんはこの投稿を読んでどう思いますか?

私は強烈な違和感を覚えます。

 週末の夜間、救急病院の当直医が、下腹部痛で苦しむ急患を治療する際に、ワザワザ本人に質問したのです。

「今からアナタのお尻に坐薬を入れます。男の私が指で挿入しても良いですか?」と。

 はたして、この男性医師は、思いやりのある優しい医師なのでしょうか?

そして、この医師の言動は、女性投稿者が感謝すべき気遣いなのでしょうか?

私は、全然、そうは思いません。

 

 医師に課せられた使命は、限られた時間の中で、患者さんの訴えを理解・整理し、的確に診断し、最適な治療を迅速に行う事です。

医師は患者さんを診察する際、診断・治療に専念するべきです。

 一方、医療機関を受診する患者さんも、遊びに来たのではありません。

世間話(せけんばなし)をしに来たのでもありません。

自分の病状を診断して欲しいから、苦しんでいる症状から解放して欲しいから、恐ろしい病気に進行する前に治したいから、病院・医院を訪ねて来た筈(はず)です。

「異性の医師に自分の身体を見せるのは恥ずかしい」という気持ちは一旦忘れて、医師の診察を受けるべきです。

 私は、医師・患者関係において、性別への配慮を優先するべきだとは、全く思わないのです。                                                                                                      次号に続く

インフルエンザ予防接種の予診票は当院受付にてお配りしている他、本サイトからもダウンロードできます。予め記入後お持ち下さい。

  ただし、「65歳以上の藤沢市民」は不要です。

お知らせ

令和2年8月13日(木)から15日(土)まで休診します。17日(月)より通常通り診療します。

令和2年4月26日(日)は9時から午後5時まで、藤沢市休日当番医です。急病やケガの方は受診して下さい。

4/7に緊急事態宣言が発令されましたが、緊急事態中も当院は通常通り診療を続けます。風邪症状で悩む方は早期に当院を受診下さい。まず肺炎を診断し、肺炎なら迅速に治療開始することが重要です。自宅で放置していると重症化することがありますので、早期発見早期治療が肝要です(令和2年4月10日)。

本日、インフルエンザワクチン60人分追加入荷しました(1月8日)。

本日、インフルエンザワクチン40人分入荷しました(1月7日)。

令和2年1月7日(火)にインフルエンザワクチン40人分入荷します。時刻は未定です。入荷次第、お知らせします。