健康情報のウソ・ホント 第20回 

ステロイド(続き)


2015年7月1日


 当院で用いるステロイドの大部分は外用剤なので、今後は主に外用剤について話します。前号で例に挙げたスキンケア商品「奇跡の肌△△」の宣伝文句はウソばかりです。

順番に説明しましょう。

 ①ステロイドは「使い続けなくてはいけない」などという事はありません。

我々の日常臨床では、ステロイド外用剤に抵抗性(連用による効果減弱)があるという経験はありません。

目的とする抗炎症効果が得られれば、ステロイドは減量・中止すれば良いのです。

決して「使い続けなくてはいけない」ものではありません。


 ②ステロイドの「代表的な副作用として、糖尿病、感染症、胃・十二指腸潰瘍、骨粗鬆症、筋力低下、精神症状、ムーンフェイス、月経異常、副腎皮質機能低下」を挙げています。

しかし、これらはすべて一定量以上の内服薬を長期に連用した際に起こり得る副作用です。外用薬ではこれらの全身的副作用は起き得ません。


 ③クッシング症候群とは糖質コルチコイドの慢性的な分泌過剰によって生じる様々な症状の総称です。ステロイドの外用とは全く無関係です。


 ④緑内障はステロイド点眼薬の長期連用によって起こり得ますが、皮膚に塗るだけでは起こり得ません。


 ⑤白内障もステロイド外用とは無関係です。ステロイド点眼薬とも無関係です。

むしろ、白内障の手術後に、炎症を抑えるためにステロイド点眼薬を用いるぐらいです。


 ⑥間質性肺炎もステロイド外用とは無関係です。

それどころか、間質性肺炎の治療としてステロイド剤の注射や内服が第一選択薬として用いられます。


 ⑦皮膚線条、紫斑、毛細血管拡張、多毛はステロイド外用剤の副作用として知っておく必要があります。このサイトにある唯一正しい記述です。

これについては次号で述べます。


 ⑧ステロイド外用薬によって「腎機能の低下」などあり得ません。

ただし、ステロイドの内服薬を長期に大量連用すると副腎皮質機能が抑制されるため、内服を急に中止すると、副腎機能不全を来す事があります。

「奇跡の肌△△」の宣伝文句を書いた人物は、腎と副腎を混同しているのでしょう。

無知をさらけ出している訳です。

 

 ⑨ステロイド外用によって「皮膚がんの発生率が上が」ったり、「大人になって麻酔を安心して使えなくなる」事などあり得ません。


 ⑩「足裏マッサージのセラピストから『お客さん、腎臓が弱いですね』と言われます。」

に至っては、笑止千万。論評に値しません。

 

 このサイト以外にも、ステロイドの有害性を誇張し、自分の商品を宣伝するサイトが無数にありますが、賢明な皆さんはくれぐれも信用しないで下さい。  

                                                          次号に続く

インフルエンザ予防接種の予診票は当院受付にてお配りしている他、本サイトからもダウンロードできます。予め記入後お持ち下さい。

  ただし、「65歳以上の藤沢市民」は、当院にて専用の予診票に記入して頂きますので、ダウンロードは不要です。

お知らせ

10月23日(土)午前10時、インフルエンザワクチンの在庫がなくなりました。

入荷しだい、お知らせします。

10月22日診療終了時点で、インフルエンザワクチンの在庫35人分です。

10月21日朝、インフルエンザワクチン100人分入荷しました。

在庫は105人分です。

10月20日夕方、診療終了時点で、インフルエンザワクチンの在庫は17人分です。

10月18日朝、インフルエンザワクチン138人分入荷しました。

在庫は188人分です。

10月12日朝、インフルエンザワクチン100人分入荷しました。

在庫は約200人分です。

10月1日朝の診療開始時点で、インフルエンザワクチンの在庫は380人分です。

 新型コロナワクチンの予約受付を再開します。3週間おき、計2回の接種をキャンセルしないで必ず受けると約束する方だけに限ります。

接種日は11月1日(月)以降で、定員168人です。接種時間帯は診療時間と同じです。

 月、火、水、金曜日の午後2時から3時の間、当院にて、接種券を持参の上、予約して下さい。電話では予約できません。電話でのお問い合わせはご遠慮下さい(9月9日)。

 

新型コロナワクチンの接種枠が満杯になりました。一旦、予約受付を終了します。再開する際は当欄にてお知らせします(9月1日)。

新型コロナワクチンの予約受付を再開します。3週間おき、計2回の接種をキャンセルしないで必ず受けると約束する方だけに限ります。接種日は以下の2通りに限り、共に定員70人です。例外はありません。

月、火、水、金曜日の午後2時から3時の間、当院に接種券を持参して御予約下さい。電話では予約できません。電話でのお問い合わせはご遠慮下さい(9月1日)。

①9/11(土)②10/2(土)

①9/25(土)②10/16(土)

いずれも、時間は午後2時から5時までです。

新型コロナワクチンの接種枠が満杯になりました。一旦、予約受付を終了します。再開する際は当欄にてお知らせします(令和3年8月27日)。

新型コロナワクチンの予約受付を再開します。3週間おき、計2回の接種をキャンセルしないで必ず受けると約束する方だけに限ります。接種日は以下の11通りに限ります。例外はありません。

月、火、水、金曜日の午後2時から3時の間、当院に接種券を持参して御予約下さい。電話では予約できません。

①9/28②10/19、①9/29②10/20、①9/30②10/21、①10/1②10/22、①10/2②10/23、①10/4②10/25、①10/5②10/26、①10/6②10/27、①10/7②10/28、①10/8②10/29、①10/9②10/30

8月12日(木)から14日(土)までの3日間、夏期休業します。

 

全国的なワクチン不足のため、神奈川県より9月27日以降の予約受付を控えるよう通達がありました。当面の間、9月27日以降の新型コロナワクチンの予約はできませんので、ご了承下さい(令和3年7月15日)。

6月11日現在の、新型コロナワクチン予約状況は以下の通りです。

本日予約すると、1回目接種が8月後半、2回目接種が9月前半となります。

新型コロナワクチンの接種対象年齢が12歳以上に拡大されました。接種券(クーポン券)が届いたら、窓口にて予約して下さい。藤沢市以外の方も予約できます(令和3年6月2日)。