在宅死推進政策にもの申す!-「尊厳死」の欺瞞(ぎまん) 第6回

平成27年2月1日

 

 先日、あるテレビ番組で、在宅医療について考えさせられる話がありました。

 

 80才代のおじいちゃん、おばあちゃんの二人暮らしの家庭があります。

おばあちゃんは認知症で寝たきりですが、おじいちゃんの顔は分かります。

 おばあちゃんを定期的に訪問診療している医師は、次のように取材陣に話しました。

「私は高齢の患者には特別な治療は行いません。

家族には、容態が悪化しても決して救急車を呼ばないように伝えてあります。

もし、おばあちゃんが肺炎になったら、熱だけを冷ましてあげます。

80才という年齢を考えたら、やり過ぎない治療というものが大事で、自然に着地させてあげる。

何でもかんでも入院っていうふうにしないで、基本的には家で引っ張っていく。

なるべくご主人の力を借りながら、家での治療を続けたらどうかと思います。

そのためなら力になってあげたいと思いますので、何かあったらいつでも電話下さいとご主人には言ってあります」

 

 そのおばあちゃんが、ある日、本当に誤嚥性(ごえんせい)肺炎になってしまいました。

38℃の熱があり、食欲もほとんどありません。

おじいちゃんは「食事も取れなくなっているから、病院に入院させて点滴してやって欲しい」と医師に懇願(こんがん)しました。

しかし、医師は「おばあちゃんはもう80歳だからさ、入院なんてしないでこのまま様子を見ようよ」と、おじいちゃんを諭(さと)しました。

 おじいちゃんは渋々(しぶしぶ)医師の指示に従う事にしましたが、あきらめられません。

呼びかけても反応しないおばあちゃんを前に、動揺もしていました。

翌日、往診に来た医師に、「家内は丸(まる)一日何も食べていない。

元気をつけさせるため、何か食べさせたい」と言い出しました。

医師は、「意識がない老人に無理やり食べさせても、また、誤嚥するだけだ。

それより、このまま看取(みと)った方が良い」と考えていましたから、

「やめといた方が良いと思うよ」と答えました。

 幸い、翌日、おばあちゃんは意識を取り戻しました。

おじいちゃんは大喜びです。

「おっ、笑顔になったじゃん。なあ、分かるか?おっ、声も出てきたぞ。ようし」

そう言いながら、おじいちゃんは、おばあちゃんの口に好物の卵豆腐(たまごどうふ)を運びました。

 その様子を見ながら、医師は

「また、誤嚥する恐れがあるので、食事は危険だと思いますが、ダメだとは言えませんね。

自宅で看取るためには、介護する家族の気持ちをくみ取る事も大切だと考えているからです」と取材陣に話しました。

 その後、おばあちゃんの容態は徐々に回復し、小康状態を保っているそうです。

 

 皆さんはこの話を聞いてどう思いますか?

 

                           次号に続く

インフルエンザ予防接種の予診票は当院受付にてお配りしている他、本サイトからもダウンロードできます。予め記入後お持ち下さい。

  ただし、「65歳以上の藤沢市民」は、当院にて専用の予診票に記入して頂きますので、ダウンロードは不要です。

お知らせ

10月23日(土)午前10時、インフルエンザワクチンの在庫がなくなりました。

入荷しだい、お知らせします。

10月22日診療終了時点で、インフルエンザワクチンの在庫35人分です。

10月21日朝、インフルエンザワクチン100人分入荷しました。

在庫は105人分です。

10月20日夕方、診療終了時点で、インフルエンザワクチンの在庫は17人分です。

10月18日朝、インフルエンザワクチン138人分入荷しました。

在庫は188人分です。

10月12日朝、インフルエンザワクチン100人分入荷しました。

在庫は約200人分です。

10月1日朝の診療開始時点で、インフルエンザワクチンの在庫は380人分です。

 新型コロナワクチンの予約受付を再開します。3週間おき、計2回の接種をキャンセルしないで必ず受けると約束する方だけに限ります。

接種日は11月1日(月)以降で、定員168人です。接種時間帯は診療時間と同じです。

 月、火、水、金曜日の午後2時から3時の間、当院にて、接種券を持参の上、予約して下さい。電話では予約できません。電話でのお問い合わせはご遠慮下さい(9月9日)。

 

新型コロナワクチンの接種枠が満杯になりました。一旦、予約受付を終了します。再開する際は当欄にてお知らせします(9月1日)。

新型コロナワクチンの予約受付を再開します。3週間おき、計2回の接種をキャンセルしないで必ず受けると約束する方だけに限ります。接種日は以下の2通りに限り、共に定員70人です。例外はありません。

月、火、水、金曜日の午後2時から3時の間、当院に接種券を持参して御予約下さい。電話では予約できません。電話でのお問い合わせはご遠慮下さい(9月1日)。

①9/11(土)②10/2(土)

①9/25(土)②10/16(土)

いずれも、時間は午後2時から5時までです。

新型コロナワクチンの接種枠が満杯になりました。一旦、予約受付を終了します。再開する際は当欄にてお知らせします(令和3年8月27日)。

新型コロナワクチンの予約受付を再開します。3週間おき、計2回の接種をキャンセルしないで必ず受けると約束する方だけに限ります。接種日は以下の11通りに限ります。例外はありません。

月、火、水、金曜日の午後2時から3時の間、当院に接種券を持参して御予約下さい。電話では予約できません。

①9/28②10/19、①9/29②10/20、①9/30②10/21、①10/1②10/22、①10/2②10/23、①10/4②10/25、①10/5②10/26、①10/6②10/27、①10/7②10/28、①10/8②10/29、①10/9②10/30

8月12日(木)から14日(土)までの3日間、夏期休業します。

 

全国的なワクチン不足のため、神奈川県より9月27日以降の予約受付を控えるよう通達がありました。当面の間、9月27日以降の新型コロナワクチンの予約はできませんので、ご了承下さい(令和3年7月15日)。

6月11日現在の、新型コロナワクチン予約状況は以下の通りです。

本日予約すると、1回目接種が8月後半、2回目接種が9月前半となります。

新型コロナワクチンの接種対象年齢が12歳以上に拡大されました。接種券(クーポン券)が届いたら、窓口にて予約して下さい。藤沢市以外の方も予約できます(令和3年6月2日)。