しっかりしろ! ワクチン行政 第10回

平成26年8月1日

 

 昨年の6月、厚生労働省がHPVワクチンの接種勧奨を控える勧告を出しましたが、その前日、WHO(世界保健機関)の「ワクチンの安全性に関する諮問委員会」が次のような公式声明を発表しました。

1.世界各国でHPVワクチンは18,000万回以上接種されているが、安全性に関して大きな懸念はない。

2.副反応の一つである失神については、多感な時期にある思春期女子を接種対象とする事に起因する可能性が高い。

3.副反応のめまい、動悸、失神、意識低下、脱力感などは心因反応である。

4.日本から報告されている慢性疼痛の症例に関して、HPVワクチンが疑わしいとする理由はほとんどない。

5.妊娠中にHPVワクチンを接種しても、妊娠継続に有害な事象は発生していない。

  イギリスの医薬品庁の公表でも、400万回以上のHPVワクチン接種の結果、安全性に問題は無いと結論されています。

  アメリカの疾病対策予防センターも、HPVワクチンによる有害事象は対照群と比べて有意差がなく、接種の推奨に変化はないと述べています。

 HPVワクチンはパピローマウィルスの本体であるDNAを含まないため、感染性はありません。接種局所の疼痛(とうつう)発赤(ほっせき)腫脹(しゅちょう)が主な有害事象として挙げられるものの、このワクチンに固有な重篤(じゅうとく)な全身反応は極めて少ないのです。

 全身性の副反応として注意すべきは失神です。

これは、注射の痛み・恐怖・興奮などの刺激が迷走(めいそう)神経を介して中枢)(ちゅうすう)に伝わり、心拍数や血圧が低下する事によって生じます。

血管迷走神経反射と呼ばれ、思春期女子に多い事が知られています。

注射への恐怖心が強い人はベッドに寝かせてから接種する等の工夫をすれば良いのです。

 

 日本はワクチン後進国です。

諸外国から麻疹・結核の輸出国と非難され、風疹流行のためアメリカから渡航注意国に指定されてしまいました。

そして、今度は「副反応の発生頻度がより明らかになるまでの間、HPVワクチンの接種勧奨を控える」という、体(てい)たらくです。

全世界で18,000万回以上、我が国だけでも約900万回の接種データの蓄積がありながら、さらに何が明らかになるのを待つと言うのでしょうか?

私は、政府が「人の噂も75日」と、騒ぎが収まるまでの時間稼ぎをしているだけだと思います。政府は直ちに接種勧奨を再開すべきです。

 性交を経験済みの女性も、HPVに感染しているとは限りませんから、HPVワクチンを接種する意義があります。

もし、既にHPVに感染していても、ワクチンが害になることはありませんし、感染していない型のHPV感染をワクチンで予防する事ができます。

従って、接種前にHPV感染の有無を調べる必要はありません。

 ただし、ワクチンには長期間持続しているHPV感染を排除する力はありませんから、年齢が上がるにつれて、その予防効果は減弱します。

10代では70%ある予防効果も、2030歳では50%に、45歳では30%程度に落ちると推定されています。やはり、なるべく若いうちに接種した方が良いのです。

そして、HPVが性行為によって感染することが明らかなのですから、男子にも接種するべきです。

 

 最後におさらいです。

女性1,000人から成るグループが2つあります。

Aグループ:全員にHPVワクチンを打ちます。重篤な副反応は1人も起きません。

Bグループ:誰もHPVワクチンを打ちません。その結果、Aグループに比べて、子宮頚癌に罹(かか)る者が17人増え、子宮頚癌で死ぬ者が4人増えます。

 あなたは、自分の娘さんをどちらのグループに入れますか?

賢明なる読者諸氏(当院の職員も含めて)は、Aグループを選択されるよう期待します。

 

  今回で、子宮頚癌ワクチンについての考察を終わります。

お知らせ

令和2年4月26日(日)は9時から午後5時まで、藤沢市休日当番医です。急病やケガの方は受診して下さい。

4/7に緊急事態宣言が発令されましたが、緊急事態中も当院は通常通り診療を続けます。風邪症状で悩む方は早期に当院を受診下さい。まず肺炎を診断し、肺炎なら迅速に治療開始することが重要です。自宅で放置していると重症化することがありますので、早期発見早期治療が肝要です(令和2年4月10日)。

本日、インフルエンザワクチン60人分追加入荷しました(1月8日)。

本日、インフルエンザワクチン40人分入荷しました(1月7日)。

令和2年1月7日(火)にインフルエンザワクチン40人分入荷します。時刻は未定です。入荷次第、お知らせします。

只今、インフルエンザワクチンの在庫がなくなりました。次回の入荷は正月明けの予定です(12月28日)。

12/29(日)から翌1/3(金)まで休診します。

ただし、12/31(火)の午前9時から午後5時まで、救急当番医ですので、急病・ケガの方は診療致します。

新年は、1/4(土)から診療開始します。

本日、インフルエンザワクチン28人分が追加入荷しました(12月27日)。

本日、インフルエンザワクチン16人分が追加入荷しました(12月26日)。

本日、さらにインフルエンザワクチン20人分が追加入荷しました(12月24日)。

本日、午前中にインフルエンザワクチン68人分が入荷します(12月24日)。

只今、インフルエンザワクチンの在庫がなくなりました。次回の入荷は未定です(12月23日)。

本日、追加でインフルエンザワクチン80人分入荷しました(12月20日)。

本日午前中に、インフルエンザワクチン40人分が追加入荷します(12月18日)。

本日、追加でインフルエンザワクチン80人分入荷しました(12月16日)。

本日、インフルエンザワクチン68人分入荷しました(12月16日)。

只今、インフルエンザワクチンの在庫がなくなりました。次の入荷は12月16日の予定です(12月14日)。

12月13日の診療終了時点で、インフルエンザワクチンの在庫は17人分です。次の入荷は12月16日の予定です。

本日、午前中(時刻未定)にインフルエンザワクチン46人分入荷予定です。さらに、午後4時までに46人分入荷予定です(12月13日)。

只今、インフルエンザワクチンの在庫がなくなりました。

入荷次第お知らせします(12月13日)。

 

 

只今、インフルエンザワクチン20人分が入荷しました(12/12)。

本日午前中に、インフルエンザワクチン20人分が入荷します。時刻は未定です(12月12日)。

只今、インフルエンザワクチンの在庫がなくなりました。

入荷次第お知らせします(12月11日)。

 

本日、インフルエンザワクチン60人分が入荷しました(12月11日)。

只今、インフルエンザワクチンの在庫がなくなりました。

明日12/11(水)、60人分入荷します。

午前中の予定ですが、時刻は未定です。

12/10(火)にインフルエンザワクチン46人分が入荷します。

午前中の予定ですが、時刻は未定です。

只今、インフルエンザワクチンの在庫がなくなりました。入荷次第お知らせします(12月7日)。

12/6(金)の診療終了時点で、インフルエンザワクチンが残り8人分となりました。来週の入荷日は未定です。

本日、インフルエンザワクチン200人分が追加入荷しました(12月3日)。

本日、インフルエンザワクチン200人分が追加入荷しました(11月29日)。

本日、インフルエンザワクチン200人分が追加入荷しました(11月21日)。

本日、インフルエンザワクチン200人分が追加入荷しました(11月20日)。

本日、さらにインフルエンザワクチン40人分が追加入荷しました(11月18日)。

本日、インフルエンザワクチン380人分が入荷しました(11月18日)。

只今、インフルエンザワクチンの在庫がなくなりました。次回の入荷は、11月18日(月)午前中に200人分の予定です(11月15日)。

11月14日午前9:40にインフルエンザワクチン200人分が入荷しました。

11月14日(木)午前中にインフルエンザワクチン200人分が入荷予定です。

ただし、時間は未定です。時間について電話での問い合わせはご遠慮下さい。

 

只今、インフルエンザワクチンの在庫がなくなりました。入荷次第、お知らせします(11月12日)。

本日、インフルエンザワクチン70人分が入荷しました(11月12日)。

只今、インフルエンザワクチンの在庫がなくなりました。入荷次第、お知らせします(11月9日)。

本日、インフルエンザワクチン200人分が入荷しました(11月8日)。

本日、午後4時にインフルエンザワクチン200人分入荷します(11月6日)。