しっかりしろ! ワクチン行政 第6回

平成26年4月1日

 

  我が国でも、諸外国に遅れて(何と世界で100番目という遅さです)、2つの子宮頚癌予防ワクチン(HPVワクチン)が使用できるようになりました。

すなわち、2009年(平成21年)に承認されたサーバリックス(GSK社)と、2011年(平成23年)に承認されたガーダシルです(MSD社)。

サーバリックスもガーダシルも共に16型と18型のパピローマウィルス感染をほぼ100%予防します。なお、ガーダシルは6型と11型のパピローマウィルスによる尖圭(せんけい)コンジローマも予防します。

 これら2つのワクチンは、全ての子宮頚癌を予防する訳ではありませんが、16型と18型の子宮頚癌の予防には極めて有効です。

子宮頚癌の原因となるパピローマウィルスの70%16型と18型ですので、これらのワクチンで子宮頚癌の70%が予防できることになります。

 HPV感染は性交渉と共に増加するので、性交渉を開始する前に接種するのが最も効率的です。我が国では中学1年生から高校1年生までが公費接種対象年齢です。

 自治医大さいたま医療センター産科婦人科の今野教授らの研究でも、12歳児全員がHPVワクチンを接種した場合、子宮頚癌の発生数、死亡数を共に70%減少させると推計されています。

  この推計を元に、女性がどの位の確率で子宮頚癌に罹(かか)り、どの位の確率で子宮頚癌で死ぬのか、計算してみましょう。

先月述べたように、我が国では年間約15,000人が新たに子宮頚癌に罹患(りかん)し、約3,500人が子宮頚癌で死亡しています。

日本の人口を約1億人として、女性はおよそ半分ですから約5,000万人です。

その内、年間15,000人が子宮頚癌に罹患するのですから、女性1人当たり、年間の罹患率は15,000/50,000,000 すなわち0.0003です。

従って、1年の間に子宮頚癌に罹らない確率は1-0.0003=0.9997となります。

女性の平均寿命を80歳とすると、一生の間に一度も子宮頚癌に罹患しない確率は0.999780乗の0.976282となります。 

 同様に、子宮頚癌で年間3,500人死亡するのですから、女性1人当たり、年間の死亡率は3,500/50,000,000すなわち0.00007です。

従って、1年の間に子宮頚癌で死なない確率は1-0.00007=0.99993となります。

一生子宮頚癌で死なない確率はこれの80乗で0.994415となります。

  では、12歳児全員がHPVワクチンを接種した場合、これらの数値がどうなるか、計算してみましょう。子宮頚癌罹患数が70%減少するのですから、1,5000×0.3=4,500人となります。年間の罹患率は4,500/50,000,000すなわち0.00009です。

1年の間に子宮頚癌に罹らない確率は1-0.00009=0.99991です。

従って、一生の間に一度も子宮頚癌に罹患しない確率は、これの80乗で0.992826です。

同様に、子宮頚癌死亡数も70%減少するのですから、3,500×0.3=1,050人となります。

年間の死亡率は1,050/50,000,000すなわち0.000021です。

1年の間に子宮頚癌で死なない確率は1-0.000021=0.999979です。

一生子宮頚癌で死なない確率は、これの80乗で0.998321となります。

  以上より、12歳児全員がHPVワクチンを接種した場合、人生を通じて子宮頚癌に罹患しない確率が0.976282から0.992826に改善し、子宮頚癌で死なずに人生を全うする確率が0.994415から0.998321に改善する事になります。

改善度は、前者が0.992826-0.976282=0.016544 (17/1,000)

後者が0.998321-0.994415=0.003906 (4/1,000)です。

つまり、女性1,000人にHPVワクチンを打つと、その内17人が子宮頚癌に罹らずに済み、4人が子宮頚癌で死なずに済む訳です。

  もちろん、正確には日本の人口は1億人よりも多いですし、女性の平均寿命も80歳より長いです。子宮頚癌の罹患数や死亡数も年齢層により異なります。

しかし、概算によりHPVワクチンの効果を具体的な数値で知る事ができました。

これは、次回以降の副反応の頻度と比較する事により、重要な意味を持ちます。

                                                                                            次号へ続く

お知らせ

令和2年4月26日(日)は9時から午後5時まで、藤沢市休日当番医です。急病やケガの方は受診して下さい。

4/7に緊急事態宣言が発令されましたが、緊急事態中も当院は通常通り診療を続けます。風邪症状で悩む方は早期に当院を受診下さい。まず肺炎を診断し、肺炎なら迅速に治療開始することが重要です。自宅で放置していると重症化することがありますので、早期発見早期治療が肝要です(令和2年4月10日)。

本日、インフルエンザワクチン60人分追加入荷しました(1月8日)。

本日、インフルエンザワクチン40人分入荷しました(1月7日)。

令和2年1月7日(火)にインフルエンザワクチン40人分入荷します。時刻は未定です。入荷次第、お知らせします。

只今、インフルエンザワクチンの在庫がなくなりました。次回の入荷は正月明けの予定です(12月28日)。

12/29(日)から翌1/3(金)まで休診します。

ただし、12/31(火)の午前9時から午後5時まで、救急当番医ですので、急病・ケガの方は診療致します。

新年は、1/4(土)から診療開始します。

本日、インフルエンザワクチン28人分が追加入荷しました(12月27日)。

本日、インフルエンザワクチン16人分が追加入荷しました(12月26日)。

本日、さらにインフルエンザワクチン20人分が追加入荷しました(12月24日)。

本日、午前中にインフルエンザワクチン68人分が入荷します(12月24日)。

只今、インフルエンザワクチンの在庫がなくなりました。次回の入荷は未定です(12月23日)。

本日、追加でインフルエンザワクチン80人分入荷しました(12月20日)。

本日午前中に、インフルエンザワクチン40人分が追加入荷します(12月18日)。

本日、追加でインフルエンザワクチン80人分入荷しました(12月16日)。

本日、インフルエンザワクチン68人分入荷しました(12月16日)。

只今、インフルエンザワクチンの在庫がなくなりました。次の入荷は12月16日の予定です(12月14日)。

12月13日の診療終了時点で、インフルエンザワクチンの在庫は17人分です。次の入荷は12月16日の予定です。

本日、午前中(時刻未定)にインフルエンザワクチン46人分入荷予定です。さらに、午後4時までに46人分入荷予定です(12月13日)。

只今、インフルエンザワクチンの在庫がなくなりました。

入荷次第お知らせします(12月13日)。

 

 

只今、インフルエンザワクチン20人分が入荷しました(12/12)。

本日午前中に、インフルエンザワクチン20人分が入荷します。時刻は未定です(12月12日)。

只今、インフルエンザワクチンの在庫がなくなりました。

入荷次第お知らせします(12月11日)。

 

本日、インフルエンザワクチン60人分が入荷しました(12月11日)。

只今、インフルエンザワクチンの在庫がなくなりました。

明日12/11(水)、60人分入荷します。

午前中の予定ですが、時刻は未定です。

12/10(火)にインフルエンザワクチン46人分が入荷します。

午前中の予定ですが、時刻は未定です。

只今、インフルエンザワクチンの在庫がなくなりました。入荷次第お知らせします(12月7日)。

12/6(金)の診療終了時点で、インフルエンザワクチンが残り8人分となりました。来週の入荷日は未定です。

本日、インフルエンザワクチン200人分が追加入荷しました(12月3日)。

本日、インフルエンザワクチン200人分が追加入荷しました(11月29日)。

本日、インフルエンザワクチン200人分が追加入荷しました(11月21日)。

本日、インフルエンザワクチン200人分が追加入荷しました(11月20日)。

本日、さらにインフルエンザワクチン40人分が追加入荷しました(11月18日)。

本日、インフルエンザワクチン380人分が入荷しました(11月18日)。

只今、インフルエンザワクチンの在庫がなくなりました。次回の入荷は、11月18日(月)午前中に200人分の予定です(11月15日)。

11月14日午前9:40にインフルエンザワクチン200人分が入荷しました。

11月14日(木)午前中にインフルエンザワクチン200人分が入荷予定です。

ただし、時間は未定です。時間について電話での問い合わせはご遠慮下さい。

 

只今、インフルエンザワクチンの在庫がなくなりました。入荷次第、お知らせします(11月12日)。

本日、インフルエンザワクチン70人分が入荷しました(11月12日)。

只今、インフルエンザワクチンの在庫がなくなりました。入荷次第、お知らせします(11月9日)。

本日、インフルエンザワクチン200人分が入荷しました(11月8日)。

本日、午後4時にインフルエンザワクチン200人分入荷します(11月6日)。