しっかりしろ! ワクチン行政 第2回

平成25年12月1日

 

  前号で、子宮頚癌予防ワクチンを巡(めぐ)って右往左往する行政の愚かさと、そのしわ寄せを食らった医療現場が大混乱している事を述べました。

今月からは、ワクチンで何を防げるか、子宮頚癌とはどんな疾患か、ワクチンでどんな副反応があるかについて順に説明します。

 ワクチンや予防接種について解説する場合、天然痘(てんねんとう)予防のために開発された種痘(しゅとう)にまつわる話から紹介するのが理解しやすいと思います。

 今から200年以上前の1796年、イギリス人医師ジェンナーが8歳のフィップス少年に対して行ったのが世界初のワクチン接種とされています。

 当時、天然痘は、天然痘ウィルスが起こす致死率40%という恐ろしい感染症でした。

一方、牛には人の天然痘に似た病気があり、牛痘(ぎゅうとう)と呼ばれていました。

牛痘は天然痘とは異なり、人に感染しても症状は軽微でした。

牛乳絞りの女性達には天然痘に罹(かか)る人がほとんどいませんでした。

彼女達は多くの乳牛に接するために、牛痘に感染する機会が多かったのです。

牛痘は人には軽い発熱や発疹を起こすだけで、天然痘のような重症の感染症を起こしません。牛乳絞りの女性達の手には、牛痘に感染した事を示す瘢痕(はんこん)が残っていました。

 当時は、天然痘や牛痘の病原体がどのようなものか分かっていませんでしたが、ジェンナーは次のように推察しました。

 

1.牛痘に感染した人や牛の膿(のう)(うみ)には、病気を起こす原因物質が残っているだろう。

2.牛痘と天然痘は重症度に違いはあるが、似たような病気だろう。

3.牛乳絞りの女性達は、牛痘に感染すると体内に抵抗力が生まれ、その後は牛痘だけでなく、牛痘に似た天然痘にも罹らなくなるのだろう。

4.牛痘を接種して、あらかじめ弱い病気を起こしておけば、牛痘に自然感染した牛乳絞りの女性達のように体内に抵抗力が生まれ、後から恐ろしい天然痘が流行しても発症しなくて済むだろう。

 

 そこで、ジェンナーは牛痘に感染した牛乳絞りの女性の病変部の膿を取って、フィップス少年の上腕部に接種しました。

少年の接種部位が腫(は)れましたが、全身感染には至らず、局所に瘢痕を残しただけでした。

少年はその後、病原体を含むと思われる天然痘患者の膿を接種されましたが、天然痘を発症しないで済みました。

「種痘」という言葉は、天然痘の種を植え付けるという意味です。   

                                                                                        次号へ続く

インフルエンザ予防接種の予診票は当院受付にてお配りしている他、本サイトからもダウンロードできます。予め記入後お持ち下さい。

  ただし、「65歳以上の藤沢市民」は、当院にて専用の予診票に記入して頂きますので、ダウンロードは不要です。

お知らせ

一般用インフルエンザワクチンの在庫がなくなりました(11月21日午前8時半)。

一般用インフルエンザワクチンの在庫は、11月21日診療開始時点で7人分です。

一般用インフルエンザワクチン200人分入荷しました(11月20日午前10時40分)。

一般用インフルエンザワクチンの在庫がなくなりました(11月20日午前9時半)。

一般用インフルエンザワクチン28人分入荷しました(11月19日午前10時40分)。

一般用インフルエンザワクチンの在庫がなくなりました(11月13日午後)。

一般用インフルエンザワクチン46人分、入荷しました(11月13日午前)。65才以上の藤沢市民のインフルエンザワクチンも入荷しましたので、予約済みの方は注射できます。

11月10日午後5時、一般用インフルエンザワクチン50人分、追加で入荷しました。

11月10日午後3時に、一般用インフルエンザワクチン200人分入荷します。

一般用インフルエンザワクチンの在庫がなくなりました(令和2年11月4日(夕方)。

一般用インフルエンザワクチン120人分入荷しました(11月4日朝)。

一般用インフルエンザワクチンの在庫がなくなりました(令和2年10月31日)。

65才以上の藤沢市民のインフルエンザワクチンが60人分入荷しました。ご自身が予約してある日に接種しに来て下さい(10月30日)。

一般用インフルエンザワクチン104人分入荷しました(10月30日)。

本日、さらに一般用インフルエンザワクチン80人分入荷しました(令和2年10月29日)。

一般用インフルエンザワクチン200人分入荷しました(令和2年10月29日)。

一般用インフルエンザワクチンの在庫がなくなりました(令和2年10月28日)。

インフルエンザワクチン20人分入荷しました(令和2年10月28日)。

当院は神奈川県より発熱診療等医療機関に指定されています。

発熱、風邪症状等の方はなるべく電話でご相談の上、下記の時間帯に受診して下さい。

午前(月~土):

  11:30-12:30

午後(月,火,水,金):      5:00-6:00

一般用インフルエンザワクチンの在庫がなくなりました(令和2年10月27日)。

一般用インフルエンザワクチン120人分入荷しました(令和2年10月27日)。65才以上の藤沢市民用はまだ入荷未定です。

インフルエンザワクチンの在庫がなくなりました(令和2年10月23日)。

インフルエンザワクチン36人分入荷しました(令和2年10月23日)。

65才以上の藤沢市民のインフルエンザワクチンは一般用とは別ルートですが、一般用と同様に品不足のため、藤沢市が医療機関への供給を止めました。予約も受け付けるなとの通達ですので、しばらく予約をお受けできません。再開時期は未定ですが、再開の際は、必ずお知らせします(令和2年10月21日)。

インフルエンザワクチンの在庫がなくなりました(令和2年10月21日)。

インフルエンザワクチン40人分入荷しました(令和2年10月21日)。

本日、さらに20人分、インフルエンザワクチンが入荷しました(令和2年10月20日)。

インフルエンザワクチン20人分入荷しました(令和2年10月20日)。

インフルエンザワクチンの在庫がなくなりました(令和2年10月19日)。

インフルエンザワクチン30人分入荷しました(令和2年10月19日)。

在庫は40人分です。

65才以上の藤沢市民のインフルエンザワクチンも一般用と同様、日本中で品不足となっています。予約が必要ですが、入荷は11月後半の見込みです。

インフルエンザワクチン230人分入荷しました(令和2年10月15日)。

インフルエンザワクチンの在庫がなくなりました(令和2年10月14日)。

インフルエンザワクチン40人分入荷しました(令和2年10月14日)。

只今、インフルエンザワクチンの在庫がなくなりました。次回、入荷次第、本欄にてお知らせします(令和2年10月13日)。

インフルエンザワクチン40人分入荷しました(令和2年10月12日)。

65歳以上の藤沢市民は、専用のルートでインフルエンザワクチンが入荷するため、予約が必要な替わりに、品不足の心配はありません(令和2年10月12日)。

只今、インフルエンザワクチンの在庫がなくなりました。次回、入荷次第、本欄にてお知らせします(令和2年10月10日)。

10/10朝の時点で、インフルエンザワクチンの在庫は80人分です。

10/8朝の時点で、インフルエンザワクチンの在庫は200人分あります。

10/2(金)朝の時点で、678人分のインフルエンザワクチン在庫があります。

令和2年8月13日(木)から15日(土)まで休診します。17日(月)より通常通り診療します。

令和2年4月26日(日)は9時から午後5時まで、藤沢市休日当番医です。急病やケガの方は受診して下さい。

4/7に緊急事態宣言が発令されましたが、緊急事態中も当院は通常通り診療を続けます。風邪症状で悩む方は早期に当院を受診下さい。まず肺炎を診断し、肺炎なら迅速に治療開始することが重要です。自宅で放置していると重症化することがありますので、早期発見早期治療が肝要です(令和2年4月10日)。