マイナンバー制でどうなる? 日本の医療 第2回

平成25年8月1日

 

  政府は、国民一人一人が税・社会保障各分野に共通する番号を持つ事による様々な利便性を喧伝(けんでん)しています。その内容は、前回述べました。

 

 しかし、その反面、この制度には多くの弊害があるのです。

マスコミが、共通番号制が抱(かか)える危険として口を揃えて指摘するのが、個人情報のインターネット上への漏洩、成りすまし悪用、サイバー攻撃による全国民情報の略奪などの懸念です。その際の被害への対応は誰がどうやって行うのでしょうか?

損害賠償費用は想像を絶する額になるでしょう。

 また、そもそも全国民の所得を正確に捕捉するなど、絵空事(えそらごと)に過ぎません。

国内で行われる全ての商取引や、海外投資による利益を完全に把握する事など、不可能だからです。

 その上、共通番号制にはもっと重大な危険が潜んでいるのです。

ほとんどのマスコミはこの危険について報道しません。あるいは、隠しているのかも知れません。しかし、これこそが共通番号制の真の目的なのです。

 共通番号制の目玉として、政府が謳(うた)い文句にしている「総合合算制度」の目的は、低所得者対策などではありません。真の目的は「社会保障個人会計」です。

「社会保障個人会計」こそ、共通番号制導入によって可能となる悪政なのです。

「社会保障個人会計」については「院長から一言(平成22年6月1日)」で、レセプトオンライン請求の「完全義務化」に関わる問題として説明しました。

読んでいない方のために、一部を抜粋し、加筆します。

 

 かつての(民主党への政権交代以前の)自民・公明政府は、「国民の利便性向上」「保険者・サービス提供者等の事務効率化」を謳(うた)い文句に、「社会保障カード」の2011年導入を目指していました。

これは医療・介護・年金の3つの保険証を1枚のカードに集約し、インターネットを介して国民自(みずか)らがいつでも自身の医療・健康情報、年金記録、保険料額や納付状況を閲覧できるシステムの事です。

一見、素晴らしいシステムのようですが、これによって、医療・健康管理を国民に「自己責任」として押しつけ、公的医療給付範囲を縮小しようという意図があります。

 政権交代後の民主党政府は、さらに、この「社会保障カード」を住民基本台帳と統合する事も狙っていました。

これにより、国民を背番号管理し、社会保障給付を一本化し、個人ごとに総額管理する「社会保障個人会計」を導入するのが、最終的な目的です。

医療・介護・年金を一括管理し、全ての給付を削減しようという訳です。

 「社会保障個人会計」が構築されると、どのような世の中になるのでしょうか?

その1つが「禿鷹(はげたか)会計システム」です。すなわち、個人の死亡時に財産が余っていれば、「保障が手厚(てあつ」すぎた」と判断され、死後精算により、遺産・相続財産から保険金が追加徴収されてしまうのです。

 2つ目は、単年度精算が可能となる事です。

医療費や介護費を使い過ぎた翌年には保険料が値上げされたり、使い過ぎた人の終末期医療は給付を抑制されたりする限度額管理(年度間繰り延べ型)が行われます。

死を目前にした患者が「あなたは今まで医療費を使い過ぎたので、上限を超えた分は自己負担して下さい」と言われるのです。

 さらに、医療費を使い過ぎた人には、年金支給額や介護保険の利用限度額を減らす限度額管理(制度間付け替え型)も構想されています。

こうなれば、社会保障制度そのものが崩壊してしまいます。

 

先月の参議院選挙で衆参のねじれを解消し一党独裁となった安倍自民党政権が、マイナンバー制導入によって行おうとしている最大の悪政が、この「社会保障個人会計」です。

これこそが、マイナンバー制の真の狙いなのです。

                                                                                                                        次号に続く

お知らせ

令和2年4月26日(日)は9時から午後5時まで、藤沢市休日当番医です。急病やケガの方は受診して下さい。

4/7に緊急事態宣言が発令されましたが、緊急事態中も当院は通常通り診療を続けます。風邪症状で悩む方は早期に当院を受診下さい。まず肺炎を診断し、肺炎なら迅速に治療開始することが重要です。自宅で放置していると重症化することがありますので、早期発見早期治療が肝要です(令和2年4月10日)。

本日、インフルエンザワクチン60人分追加入荷しました(1月8日)。

本日、インフルエンザワクチン40人分入荷しました(1月7日)。

令和2年1月7日(火)にインフルエンザワクチン40人分入荷します。時刻は未定です。入荷次第、お知らせします。

只今、インフルエンザワクチンの在庫がなくなりました。次回の入荷は正月明けの予定です(12月28日)。

12/29(日)から翌1/3(金)まで休診します。

ただし、12/31(火)の午前9時から午後5時まで、救急当番医ですので、急病・ケガの方は診療致します。

新年は、1/4(土)から診療開始します。

本日、インフルエンザワクチン28人分が追加入荷しました(12月27日)。

本日、インフルエンザワクチン16人分が追加入荷しました(12月26日)。

本日、さらにインフルエンザワクチン20人分が追加入荷しました(12月24日)。

本日、午前中にインフルエンザワクチン68人分が入荷します(12月24日)。

只今、インフルエンザワクチンの在庫がなくなりました。次回の入荷は未定です(12月23日)。

本日、追加でインフルエンザワクチン80人分入荷しました(12月20日)。

本日午前中に、インフルエンザワクチン40人分が追加入荷します(12月18日)。

本日、追加でインフルエンザワクチン80人分入荷しました(12月16日)。

本日、インフルエンザワクチン68人分入荷しました(12月16日)。

只今、インフルエンザワクチンの在庫がなくなりました。次の入荷は12月16日の予定です(12月14日)。

12月13日の診療終了時点で、インフルエンザワクチンの在庫は17人分です。次の入荷は12月16日の予定です。

本日、午前中(時刻未定)にインフルエンザワクチン46人分入荷予定です。さらに、午後4時までに46人分入荷予定です(12月13日)。

只今、インフルエンザワクチンの在庫がなくなりました。

入荷次第お知らせします(12月13日)。

 

 

只今、インフルエンザワクチン20人分が入荷しました(12/12)。

本日午前中に、インフルエンザワクチン20人分が入荷します。時刻は未定です(12月12日)。

只今、インフルエンザワクチンの在庫がなくなりました。

入荷次第お知らせします(12月11日)。

 

本日、インフルエンザワクチン60人分が入荷しました(12月11日)。

只今、インフルエンザワクチンの在庫がなくなりました。

明日12/11(水)、60人分入荷します。

午前中の予定ですが、時刻は未定です。

12/10(火)にインフルエンザワクチン46人分が入荷します。

午前中の予定ですが、時刻は未定です。

只今、インフルエンザワクチンの在庫がなくなりました。入荷次第お知らせします(12月7日)。

12/6(金)の診療終了時点で、インフルエンザワクチンが残り8人分となりました。来週の入荷日は未定です。

本日、インフルエンザワクチン200人分が追加入荷しました(12月3日)。

本日、インフルエンザワクチン200人分が追加入荷しました(11月29日)。

本日、インフルエンザワクチン200人分が追加入荷しました(11月21日)。

本日、インフルエンザワクチン200人分が追加入荷しました(11月20日)。

本日、さらにインフルエンザワクチン40人分が追加入荷しました(11月18日)。

本日、インフルエンザワクチン380人分が入荷しました(11月18日)。

只今、インフルエンザワクチンの在庫がなくなりました。次回の入荷は、11月18日(月)午前中に200人分の予定です(11月15日)。

11月14日午前9:40にインフルエンザワクチン200人分が入荷しました。

11月14日(木)午前中にインフルエンザワクチン200人分が入荷予定です。

ただし、時間は未定です。時間について電話での問い合わせはご遠慮下さい。

 

只今、インフルエンザワクチンの在庫がなくなりました。入荷次第、お知らせします(11月12日)。

本日、インフルエンザワクチン70人分が入荷しました(11月12日)。

只今、インフルエンザワクチンの在庫がなくなりました。入荷次第、お知らせします(11月9日)。

本日、インフルエンザワクチン200人分が入荷しました(11月8日)。

本日、午後4時にインフルエンザワクチン200人分入荷します(11月6日)。