健康情報のウソ・ホント 第14回

平成24年3月1日 

 

健康情報のウソ・ホント 第14回 マイナスイオン

 

 インターネットで「マイナスイオン」を検索すると、瞬時に200万件以上がヒットします。テレビや新聞、雑誌などでも頻繁に取り上げられ、一時、大ブームを巻き起こしました。滝の近くや森林などで多く発生していると言われ、ストレス解消や疲労回復効果があると騒がれました。このため、人工的に発生させる事に関心が集まり、多くの「マイナスイオン発生器」が開発され、現在でも販売されています。

 では、自称、マイナスイオン研究株式会社「マイ○○」のホームページを見てみましょう。一部を抜粋します。

 空気中にはミクロンから分子程度の大きさの電子を帯びた微粒子が浮かんでいる。

その中で分子が10個から、100個ほど集まった大きさの粒子をイオンと呼ぶ。

そのうちマイナスに帯電しているものをマイナスイオンと呼ぶ。       

大気のイオンは大気電界の強弱に大きく関係し、大気の汚染度、湿度などにも大きく影響される。

大気が汚れて湿度が高いときには、空気中にプラスイオンが多く、大気電界もプラスになる。その反対に、大気が澄み切って湿度が低く、すがすがしい状態のときは、空気中にマイナスイオンが多く、大気電界もマイナスになっている。

 大気汚染物質はプラスイオンを増加させ、生体に悪影響を及ぼす。

肺から吸い込むプラスイオンは、酸素と一緒に血液中に溶け込み血液を酸性に傾け、活性酸素を増加させる。身体にプラスイオンが多く影響されるようになると、細胞膜におけるナトリウムやカリウムなどの電解質や老廃物の通過が悪くなり、栄養成分も細胞内に入りにくくなる。悪い老廃物が外に排出できなくなると身体に毒素がたまり、病気が誘発され、老化が進行する。プラスイオンは、まさにあらゆる病気の原因とも言える。

  一方、大気中にたくさんのマイナスイオンがあれば、プラスイオンは中和されて少なくなる。マイナスイオンが強くなると、生体組織を構成する細胞の活性が高まり、膜を隔てての物質の輸送や交換の新陳代謝が活発になり、身体の生命力が強くなる。

そもそも、自然の中の空気のきれいな所では、気持ちが良いではないか!「生き返った気がする」という人もいるだろう。そうした感覚も、マイナスイオンの効果だ。

  自然の中にはマイナスイオンがたくさんある。その中でも多いのが滝だ。

水がはじける場所にはたくさんのマイナスイオンが発生している。

特に自然界では、マイナスイオンは空気中で微細水滴が分裂するとき、水滴はプラスに帯電し、周囲の空気はマイナスに帯電する空気イオン化現象によっておきる。

これをレナード効果と呼ぶ。


 以上の宣伝文句は、日本語としても文法的におかしな文章ですので、分かり易い文章に要約してみます。

「空気中に浮かぶマイナスに帯電した粒子をマイナスイオンと呼ぶ。

湿度が低く、すがすがしい状態の時は空気中にマイナスイオンが多く、これが細胞の活性を高め、生命力を強くしてくれる。

逆に、プラスイオンを肺から吸い込むと、老化が進行し、あらゆる病気の原因となる。

そして、水滴が分裂する際にマイナスイオンが発生する現象をレナード効果と呼び、この効果によって、特に滝のそばにはマイナスイオンが多く発生している」

だいたい、このような事を主張したいようです。

 

 一見(いっけん)、科学的でもっともな事を言っているようですが、全部デタラメです。

 

                                                                      次号へ続く

 

お知らせ

令和2年4月26日(日)は9時から午後5時まで、藤沢市休日当番医です。急病やケガの方は受診して下さい。

4/7に緊急事態宣言が発令されましたが、緊急事態中も当院は通常通り診療を続けます。風邪症状で悩む方は早期に当院を受診下さい。まず肺炎を診断し、肺炎なら迅速に治療開始することが重要です。自宅で放置していると重症化することがありますので、早期発見早期治療が肝要です(令和2年4月10日)。

本日、インフルエンザワクチン60人分追加入荷しました(1月8日)。

本日、インフルエンザワクチン40人分入荷しました(1月7日)。

令和2年1月7日(火)にインフルエンザワクチン40人分入荷します。時刻は未定です。入荷次第、お知らせします。

只今、インフルエンザワクチンの在庫がなくなりました。次回の入荷は正月明けの予定です(12月28日)。

12/29(日)から翌1/3(金)まで休診します。

ただし、12/31(火)の午前9時から午後5時まで、救急当番医ですので、急病・ケガの方は診療致します。

新年は、1/4(土)から診療開始します。

本日、インフルエンザワクチン28人分が追加入荷しました(12月27日)。

本日、インフルエンザワクチン16人分が追加入荷しました(12月26日)。

本日、さらにインフルエンザワクチン20人分が追加入荷しました(12月24日)。

本日、午前中にインフルエンザワクチン68人分が入荷します(12月24日)。

只今、インフルエンザワクチンの在庫がなくなりました。次回の入荷は未定です(12月23日)。

本日、追加でインフルエンザワクチン80人分入荷しました(12月20日)。

本日午前中に、インフルエンザワクチン40人分が追加入荷します(12月18日)。

本日、追加でインフルエンザワクチン80人分入荷しました(12月16日)。

本日、インフルエンザワクチン68人分入荷しました(12月16日)。

只今、インフルエンザワクチンの在庫がなくなりました。次の入荷は12月16日の予定です(12月14日)。

12月13日の診療終了時点で、インフルエンザワクチンの在庫は17人分です。次の入荷は12月16日の予定です。

本日、午前中(時刻未定)にインフルエンザワクチン46人分入荷予定です。さらに、午後4時までに46人分入荷予定です(12月13日)。

只今、インフルエンザワクチンの在庫がなくなりました。

入荷次第お知らせします(12月13日)。

 

 

只今、インフルエンザワクチン20人分が入荷しました(12/12)。

本日午前中に、インフルエンザワクチン20人分が入荷します。時刻は未定です(12月12日)。

只今、インフルエンザワクチンの在庫がなくなりました。

入荷次第お知らせします(12月11日)。

 

本日、インフルエンザワクチン60人分が入荷しました(12月11日)。

只今、インフルエンザワクチンの在庫がなくなりました。

明日12/11(水)、60人分入荷します。

午前中の予定ですが、時刻は未定です。

12/10(火)にインフルエンザワクチン46人分が入荷します。

午前中の予定ですが、時刻は未定です。

只今、インフルエンザワクチンの在庫がなくなりました。入荷次第お知らせします(12月7日)。

12/6(金)の診療終了時点で、インフルエンザワクチンが残り8人分となりました。来週の入荷日は未定です。

本日、インフルエンザワクチン200人分が追加入荷しました(12月3日)。

本日、インフルエンザワクチン200人分が追加入荷しました(11月29日)。

本日、インフルエンザワクチン200人分が追加入荷しました(11月21日)。

本日、インフルエンザワクチン200人分が追加入荷しました(11月20日)。

本日、さらにインフルエンザワクチン40人分が追加入荷しました(11月18日)。

本日、インフルエンザワクチン380人分が入荷しました(11月18日)。

只今、インフルエンザワクチンの在庫がなくなりました。次回の入荷は、11月18日(月)午前中に200人分の予定です(11月15日)。

11月14日午前9:40にインフルエンザワクチン200人分が入荷しました。

11月14日(木)午前中にインフルエンザワクチン200人分が入荷予定です。

ただし、時間は未定です。時間について電話での問い合わせはご遠慮下さい。

 

只今、インフルエンザワクチンの在庫がなくなりました。入荷次第、お知らせします(11月12日)。

本日、インフルエンザワクチン70人分が入荷しました(11月12日)。

只今、インフルエンザワクチンの在庫がなくなりました。入荷次第、お知らせします(11月9日)。

本日、インフルエンザワクチン200人分が入荷しました(11月8日)。

本日、午後4時にインフルエンザワクチン200人分入荷します(11月6日)。