これで良いのか!? 日本の医療 第9弾

2009年5月12日

 今回は、我が国の周産期医療(ひいては医療制度その物)の崩壊のもう一つの原因である、医療訴訟の増加について述べます。

2.増加する医療訴訟
 医事関係訴訟(医療訴訟)は近年、著しく増加しています。最高裁判所の諮問に対する医事関係訴訟委員会の2005年6月の答申によれば、第一審医事関係訴訟新受件数(裁判所がその年に新しく受け付けた訴訟の数)は、1995年には488件だったのが、10年後の2004年には1,107件と2倍以上に増加しているのです。その間の、通常民事訴訟が若干の減少傾向にある事と比較すれば、医療訴訟の増加傾向は顕著です。医師1,000人当たり毎年3人が新たに医療訴訟の被告になっている勘定です。

かつては、医療訴訟のほとんどは民事訴訟でしたが、最近では、医療行為上の過失につき刑事責任を問う刑事訴訟が増加しています。その中でも、まだ我々の 記憶に新しいのが福島県立大野病院産科医逮捕事件です。これは、帝王切開手術を受けた産婦が死亡した事について、手術を執刀した産婦人科の医師1人が業務 上過失致死と医師法に定めた異常死の届出義務に対する違反の容疑で2006年2月に逮捕・拘留され、3月に福島地方裁判所に起訴された事件です。
事件当時、同院の常勤産科医はこの医師1人のみでした。医師は帝王切開術にて新生児を娩出した後に、術前には予測困難な癒着胎盤の所見を認めたので、まず 癒着した胎盤の剥離を試みました。しかし、出血が止まらないため子宮を摘出しましたが、その30 分後に心室細動という重篤な不整脈が突然発生し、産婦が死亡したのです。

 裁判では、医師1人で手術に臨んだ事や、癒着胎盤を認めた時点で直ちに子宮摘出術を行わなかった事などについての過失の有無が争点となりました。そし て、起訴から2年5カ月後の昨年(2008年)8月、裁判長は被告医師に無罪を言い渡し、福島地方検察庁が控訴を断念したため、無罪判決が確定しました。

 亡くなった産婦は誠にお気の毒です。お悔やみ申し上げます。だからと言って、懸命に手術・治療にあたった医師に罪をなすりつけてはいけません。治療にお ける医師の判断や手術法の選択にまで捜査当局が踏み込み、患者を救命しようとした医師を逮捕・拘留・起訴してしまった事実は、日本全国の産科医のみなら ず、多くの臨床医に脅威を与えました。

 本来、結果の完全な予測が不可能な営みである医療行為に対して、「結果が予見出来たにもかかわらずそれを回避しなかった事」を罪とする業務上過失致死罪 を適用するのはナンセンスです。もし、こんな事がまかり通ってしまえば、出産を始め、危険を伴う種々の医療行為を引き受ける医師が存在しなくなる恐れすら あります。
医療とは神が人に与える加護ではなく、人が人を救おうとする行為です。必ず成功が約束された所作ではないのです。不成功に終わる事もあるのです。

 「結果が悪ければ医師が悪い」「医師が全部責任を負え」と後で言われてしまうのなら、医師は分娩に立ち会えなくなります。分娩だけに限られた事ではあり ません。外科系の医師にとって、手術中、予期せぬ事態に遭遇する事は珍しくありません。そこで、最大限の自分の力で努力しても結果が悪い事も当然ありま す。結果が悪ければ逮捕・拘留・起訴されてしまうとなれば、余程のお人好しでない限り手術を引き受ける医師はいなくなります。
                                                                         
次号へ続く

インフルエンザ予防接種の予診票は当院受付にてお配りしている他、本サイトからもダウンロードできます。予め記入後お持ち下さい。

  ただし、「65歳以上の藤沢市民」は、当院にて専用の予診票に記入して頂きますので、ダウンロードは不要です。

お知らせ

10月23日(土)午前10時、インフルエンザワクチンの在庫がなくなりました。

入荷しだい、お知らせします。

10月22日診療終了時点で、インフルエンザワクチンの在庫35人分です。

10月21日朝、インフルエンザワクチン100人分入荷しました。

在庫は105人分です。

10月20日夕方、診療終了時点で、インフルエンザワクチンの在庫は17人分です。

10月18日朝、インフルエンザワクチン138人分入荷しました。

在庫は188人分です。

10月12日朝、インフルエンザワクチン100人分入荷しました。

在庫は約200人分です。

10月1日朝の診療開始時点で、インフルエンザワクチンの在庫は380人分です。

 新型コロナワクチンの予約受付を再開します。3週間おき、計2回の接種をキャンセルしないで必ず受けると約束する方だけに限ります。

接種日は11月1日(月)以降で、定員168人です。接種時間帯は診療時間と同じです。

 月、火、水、金曜日の午後2時から3時の間、当院にて、接種券を持参の上、予約して下さい。電話では予約できません。電話でのお問い合わせはご遠慮下さい(9月9日)。

 

新型コロナワクチンの接種枠が満杯になりました。一旦、予約受付を終了します。再開する際は当欄にてお知らせします(9月1日)。

新型コロナワクチンの予約受付を再開します。3週間おき、計2回の接種をキャンセルしないで必ず受けると約束する方だけに限ります。接種日は以下の2通りに限り、共に定員70人です。例外はありません。

月、火、水、金曜日の午後2時から3時の間、当院に接種券を持参して御予約下さい。電話では予約できません。電話でのお問い合わせはご遠慮下さい(9月1日)。

①9/11(土)②10/2(土)

①9/25(土)②10/16(土)

いずれも、時間は午後2時から5時までです。

新型コロナワクチンの接種枠が満杯になりました。一旦、予約受付を終了します。再開する際は当欄にてお知らせします(令和3年8月27日)。

新型コロナワクチンの予約受付を再開します。3週間おき、計2回の接種をキャンセルしないで必ず受けると約束する方だけに限ります。接種日は以下の11通りに限ります。例外はありません。

月、火、水、金曜日の午後2時から3時の間、当院に接種券を持参して御予約下さい。電話では予約できません。

①9/28②10/19、①9/29②10/20、①9/30②10/21、①10/1②10/22、①10/2②10/23、①10/4②10/25、①10/5②10/26、①10/6②10/27、①10/7②10/28、①10/8②10/29、①10/9②10/30

8月12日(木)から14日(土)までの3日間、夏期休業します。

 

全国的なワクチン不足のため、神奈川県より9月27日以降の予約受付を控えるよう通達がありました。当面の間、9月27日以降の新型コロナワクチンの予約はできませんので、ご了承下さい(令和3年7月15日)。

6月11日現在の、新型コロナワクチン予約状況は以下の通りです。

本日予約すると、1回目接種が8月後半、2回目接種が9月前半となります。

新型コロナワクチンの接種対象年齢が12歳以上に拡大されました。接種券(クーポン券)が届いたら、窓口にて予約して下さい。藤沢市以外の方も予約できます(令和3年6月2日)。