胃腸の調子はいかがですか?

 胃腸の調子が悪い方には、肝臓、胆嚢、膵臓などの超音波(エコ-)検査、上部消化管(食道、胃、十二指腸)や大腸の内視鏡検査、バリウム造影等を速やかに行い、直ちに治療を開始します。
 上部消化管内視鏡は直径9mmの経口(口から挿入)スコープと直径5mmの経鼻(鼻から挿入)スコープの2種類があります。
かつては長所、短所が明白でした。

しかし、最新型のスコープでは、特に経鼻スコープの性能が格段に向上し、画像の精細さにおいては、経口・経鼻の差はほとんど無くなりました。

もちろん、当院でも最新型の経口スコープ・経鼻スコープを備えています。

 経鼻スコープの長所は何と言っても咽頭反射がないという事です。鼻腔から食道に挿入する際に舌根を圧迫しないので、あの「オエーッ」という嘔吐感を誘発しないのです。

しかも、最新型の経鼻スコープは、経口スコープに遜色ないほど画像が精細になりました。
術者にとっては観察しやすいので、検査時間も比較的短くて済みます。

 一方、経口スコープは経鼻スコープより直径が太いため、ポリープ除去に用いる鉗子を挿入する事が出来ます。

生検に用いる鉗子も太く、大きな組織片を採取可能です。

経鼻スコープではポリープ除去は出来ません。

生検で採取する組織片も比較的小さいのです。
 患者さんが楽なのは経鼻、医師が処置し易いのは経口と言えます。
従って、スクリーニング目的には経鼻、精密検査や処置目的には経口が適しています。
「鼻からの方が楽」とおっしゃる方が大部分ですので、過去に経口でしか内視鏡検査を受けた事がなく「もう胃カメラはこりごり」とおっしゃる方には経鼻内視鏡検査をお勧めします。
空腹で来院されれば、可能な限り即日に内視鏡検査を行い、早期発見・早期治療に努めています。

 胃炎や胃・十二指腸潰瘍におけるピロリ菌除菌療法も健康保険で行えます。

 胃だけではなく、もちろん、大腸の内視鏡的ポリープ切除術も頻繁に行っています。

 

 「検診で胃のバリウム検査を受けたら精密検査を勧められた」

「エコーで胆石が見つかった」

「胆嚢ポリープがあると言われた」という方も気軽にご相談下さい。

電話での予約も受け付けています。

 

 また、逆流性食道炎、過敏性腸症候群、機能性ディスペプシア、潰瘍性大腸炎などの治療も数多く行っています。

お知らせ

年末年始は12/29から1/3まで休診します。

1/4(木)から通常通り診療します(平成29年12月25日)。

10月1日よりインフルエンザ予防接種を行っています。今年は、ワクチンの生産量が例年より少ないため、早めの接種をお勧めします(平成29年10月12日)。

 

8/6(日)~20(日)の間、休診します。

常時、防犯警備システムが作動していますから、カルテ等の管理は万全です(平成29年7月23日)。

ゴールデンウィーク期間中の診療日はカレンダー通りです。5月1,2,6日は平常通り診療します(平成29年5月1日)。

平成28年8月11日(木)から16日(火)まで夏休み(休診)とさせて頂きます。

12月30日(水)から翌1月2日(土)まで休診します。1月4日(月)から通常通り診療します。

なお、1月3日(日)は藤沢市休日当番医(外科)となりますので、救急患者のみ診療します(AM9時~PM5時)。

 レントゲン装置をデジタル化しました。

胸部や膝関節などのすべてのレントゲン写真が現像不要となり、待ち時間ゼロで見られます。

 併せて、第2診察室も設けました(平成27年8月17日)。

平成27年8月9日(日)から16日(日)まで夏期休業とします。

その間に、デジタルレントゲン装置の設置、第2診察室の造設、外壁塗装を行います。

8月17日(月)から通常通り診療します。