沈黙の臓器:肝臓

 B型慢性肝炎とC型慢性肝炎は、肝炎ウイルスの感染により、肝臓の炎症が続き、細胞が壊れて肝臓の働きが悪くなる病気です。
これらの厄介な点は、10年以上の長い年月をかけて肝硬変や肝癌に進行していく事です。

そして、肝硬変から食道静脈瘤となり、瘤が破裂して吐血したり、肝癌が大きくなって黄疸が出現したりするまで、すなわち末期になるまで殆ど何の症状もない事です。

 具体的に分かり易く言えば、肝炎ウィルスに感染してから30年間全く自覚症状がなく、症状が出現して肝炎と気付くのは死の3週間前で既に手遅れなのです。

肝臓は末期になるまで悲鳴を上げないのです。

「沈黙の臓器」と言われる所以です。
 慢性肝炎の8割はC型です。

現在、我が国には100人に1~2人の割合で、C型慢性肝炎の持続感染者(キャリア)がいると推測され、「21世紀の国民病」とまで言われています。
http://www.c-kan.net/

 当院ではエコーや血液検査にて慢性肝炎・肝硬変・肝癌の早期発見・治療、定期的な経過観察に努力しています。
 

 C型肝炎に対するペグインターフェロン+リバビリン併用療法も行っています。

 平成26年からは、C型肝炎に対する内服薬2剤のみ(ダクルインザ・スンベプラ)の治療が実用化され、インターフェロン注射を上回るウィルス消失率が認められています。

インターフェロンフリー治療と呼びます。

平成27年以降、ハーボニー、ヴィキラックス、ソバルディ等、次々と有効な内服薬が発売されています。

当院でも、良好な成績を収めていますので、ご相談下さい。

 

 B型肝炎に対する核酸アナログ製剤(バラクルード、テノゼット)療法も行っています。

 

 インターフェロン治療、インターフェロンフリー治療、核酸アナログ製剤治療等の抗ウイルス療法には、公費助成制度があります。
申請には専門医の診断書等が必要です。
当院は神奈川県より「肝臓専門医療機関」に指定されていますので、ご相談下さい。  

http://www.pref.kanagawa.jp/cnt/f7029/p23680.html

 脂肪肝は、アルコールが原因のものと、アルコールとは無関係のものがありますが、後者は生命には影響しないと考えられていました。

ところが、酒を飲まない人の中にも、脂肪肝から肝硬変、肝癌、肝不全に至る人がいる事が分かり、非アルコール性脂肪性肝疾患(NAFLD(ナッフルド))と総称されています。

NAFLDのうち、肝硬変、肝癌、肝不全に進展するものを、特に、非アルコール性脂肪性肝炎(NASH(ナッシュ))と呼んで区別しています。

すなわち、NASHはNAFLDの重症型という訳です。

 「自分は単なる脂肪肝」と思っている方、あるいは医師からも「脂肪肝だから減量すれば良い」と言われていた方の中に、NAFLDやNASHが潜んでいるのです。

当院ではNAFLDやNASHの診断、治療を行っています。

ご相談下さい。

 

お知らせ

令和2年8月13日(木)から15日(土)まで休診します。17日(月)より通常通り診療します。

令和2年4月26日(日)は9時から午後5時まで、藤沢市休日当番医です。急病やケガの方は受診して下さい。

4/7に緊急事態宣言が発令されましたが、緊急事態中も当院は通常通り診療を続けます。風邪症状で悩む方は早期に当院を受診下さい。まず肺炎を診断し、肺炎なら迅速に治療開始することが重要です。自宅で放置していると重症化することがありますので、早期発見早期治療が肝要です(令和2年4月10日)。

本日、インフルエンザワクチン60人分追加入荷しました(1月8日)。

本日、インフルエンザワクチン40人分入荷しました(1月7日)。

令和2年1月7日(火)にインフルエンザワクチン40人分入荷します。時刻は未定です。入荷次第、お知らせします。