まずはご相談下さい

 花粉症等のアレルギー疾患では、もちろん内服薬による治療もしますが、まず、原因となるアレルゲンを血液検査し同定するように心がけています。

 当院は、スギ花粉症、ダニアレルギー性鼻炎に対する舌下免疫療法の処方医療機関に登録されました(令和2年3月)。

舌下免疫療法とは、舌下投与による減感作療法(アレルゲン免疫療法)のことです。抗アレルギー薬の内服ではアレルギー症状の改善が不十分な方や、抗アレルギー薬の内服から解放されたい方が対象です。

スギ花粉症にはシダキュア舌下錠を、ダニによるアレルギー性鼻炎にはミティキュア舌下錠を処方します。


  膀胱炎、尿路結石をはじめ、中年以降の男性に多い前立腺肥大症や、尿失禁を伴う神経因性膀胱や過活動膀胱等の泌尿器科疾患の診断・治療も行っています。
我が国でも欧米と同様に前立腺癌が増加しています。
中年以降の男性は毎年、超音波検査を受け、血液で腫瘍マーカーのPSA値を測定しましょう。


  男性のED(勃起障害)の治療も行います。

 

  また、皮膚でお悩みの方も気軽にご相談下さい。皮膚や爪の水虫(白癬)、アセモや手荒れ等の接触性皮膚炎、乾燥肌(アトピー性皮膚炎、皮脂欠乏症、乾癬)、湿疹、蕁麻疹、虫刺され、帯状疱疹等の治療も行っています。

 

  下肢の静脈瘤に対する硬化療法も行います。

 

 脱毛症には塗布薬、内服薬(プロペシア、ザガーロ、希望時に薬剤を発注します)の処方を行います。

 

 下肢の静脈に血栓ができると(深部静脈血栓症)、脚がむくむだけでなく、血栓が肺に飛んで肺梗塞を併発し、死に至る事もあります(エコノミークラス症候群)。

下肢静脈をエコーで観察する事により、深部静脈血栓症の診断が可能です。

 

 睡眠時無呼吸症候群の検査・診断・治療も行います。

入院の必要はなく、自宅にて検査可能です。

 

 腋窩多汗症に対するボトックス(A型ボツリヌス毒素)皮内注射も行います。

 

 当院は神奈川県より難病指定医・難病指定医療機関に指定されています。

書類の作成など、気軽にご相談下さい。

 

  蜂毒、食物、薬物に起因するアナフィラキシー反応に対する補助治療剤(アドレナリン自己注射薬)であるエピペン注射液の処方もします。

 

 新型コロナウィルス感染症(COVID-19)が疑われる方には、唾液によるPCR検査を保険診療にて行います。

  自己負担:ゼロ

また、企業業務・海外渡航に際し、新型コロナウィルス(SARS-CoV-2)に感染していない証明が必要な方には、唾液によるPCR検査を実費にて行い、陰性証明書を発行します。

 検査:25,000円+消費税

 陰性証明書(日本語または英語):日本語 2,000円+消費税

                 英語    5,000円+消費税

 

 

インフルエンザ予防接種の予診票は当院受付にてお配りしている他、本サイトからもダウンロードできます。予め記入後お持ち下さい。

  ただし、「65歳以上の藤沢市民」は不要です。

お知らせ

令和2年8月13日(木)から15日(土)まで休診します。17日(月)より通常通り診療します。

令和2年4月26日(日)は9時から午後5時まで、藤沢市休日当番医です。急病やケガの方は受診して下さい。

4/7に緊急事態宣言が発令されましたが、緊急事態中も当院は通常通り診療を続けます。風邪症状で悩む方は早期に当院を受診下さい。まず肺炎を診断し、肺炎なら迅速に治療開始することが重要です。自宅で放置していると重症化することがありますので、早期発見早期治療が肝要です(令和2年4月10日)。

本日、インフルエンザワクチン60人分追加入荷しました(1月8日)。

本日、インフルエンザワクチン40人分入荷しました(1月7日)。

令和2年1月7日(火)にインフルエンザワクチン40人分入荷します。時刻は未定です。入荷次第、お知らせします。